ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

たこたこふうせんとまとまと」 みんなの声

たこたこふうせんとまとまと 作・絵:竹内 通雅
出版社:架空社
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784877521431
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,487
みんなの声 総数 2
「たこたこふうせんとまとまと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • けっこうハマる

    4歳の時に、同シリーズの『たこたこふうせん』を読みました!

    このシリーズ、まずリズムがいい♪
    擬音がたくさん使われていて、楽しいです。

    前回は、たことふうせんでしたが、今回はそれに、トマトがぷらす。
    たことふうせんとトマトを「にてる」と言ってしまうところも、強引な感じで面白い♪

    ドタバタの展開と、大胆な絵。
    9歳になっても、それなりに楽しんでいましたが、ちいさな子なら、尚更こういうの喜ぶだろうなって思います。

    クセになるシリーズです!

    掲載日:2015/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュール?

    私的には、ちょっと敬遠したい絵・・・
    でも、喰わず嫌いはよくない・・・
    と、借りてみました

    が、やっぱり頭の柔軟性が足りないと思うのですが
    「どうして?」って
    考えちゃうからなんでしょうね

    どうやら、前作「たこたこふうせん」というのが
    あるらしいのです

    たことふうせんが友達なんでしょうね
    同じ形、色の仲間的
    それに、今回はとまとちゃんが加わる感じ

    ひっぱりっこしちゃって・・・
    あ〜あ・・・

    この感じは子どもの生活感なのかもしれませんね

    絵がバ〜ンと迫ってくるほど
    インパクトが強いです

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット