大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん」 みんなの声

みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:ひしき あきらこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年9月30日
ISBN:9784834017533
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,630
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんとも魅力的なおばさん達(あおおじさんもね)

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    一緒に暮らす3人のおばさん達は、着ている服の色で呼ばれていますが、
    その個性も、みどりおばさんは庭仕事、ちゃいろおばさんはお菓子作り、むらさきおばさんは刺繍が得意、と色のイメージ通り。
    外国のお話では、名前の印象がつきにくいことがありますが、
    このお話では呼び名ですぐイメージがわき、お話にも入っていきやすかったです。

    おばさん達の関係の説明がないのですが、
    私は昔からの友人が一緒に暮らしているのかなぁ、と感じました。
    お向かいに住むあおおじさんも含めて、
    それぞれの領分を尊重し、でも暖かなつながりを感じる関係性が素敵。
    大人が「主人公の子どものお父さん・お母さん」ではなく、
    個人として、こんな風に魅力的に描かれている子ども向けの物語ってなかなかないのではないかしら。

    迷子の飼い犬をめぐる騒動は、おばさん達をみなしごの兄妹と惹き合わせてくれて・・・。
    派手さはないけれど、ハラハラして、ホッとさせてくれるお話に引き込まれました。
    息子達もいい顔して聞いていて、その後リクエストされ「3人のおばさん」シリーズを読破しました。

    なかなかの文章量ですが、ひしきあきらこさんの訳は気持ちよく読め、長さが全く苦になりません。
    私自身、黙読していたときよりずっと面白く感じました。
    シリーズ1冊目は、やはりこの絵本からがおすすめです!

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • 男の子にもお勧め

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男に読みました。ベスコフの絵本は何となく女の子向きのような印象で、冒険ものなどが好きな息子は好まないのではないかと思っていました。

    でも読んでみたら、意外とドキドキ、ハラハラする内容でした。みなしごの兄妹と三人のおばさん、そしてあおおじさんという人間関係の組み合わせもとても魅力的です。一人一人の人柄がよく描かれていて、読み応えがあります。

    長いお話ですが、息子はすっかり気に入ってシリーズ全てを読破しました。やはり最初はこの巻から読んだほうが分かりやすいです。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • どのおばさんが好き?

     久しぶりに読んだベスコフの絵本。
    最近では、一人で童話を読むことが多くなった娘ですが、ベスコフの作品はやっぱりおもしろいらしく、二夜続けて、「これ、読んで」と持ってきました。

     始まりのおばさんたちの紹介部分から、もうすっかり物語に魅了された様子で、みどりおばさんが緑の服、ちゃいろおばさんが茶色の服、むらさきおばさんが紫の服を着ているのが、どれほど当たり前のことかという説明には、感心しきって笑っていました。
    そうですよね、「きいろいリンドウやあおいタンポポ」を見たら、みんなびっくり仰天してしまいますものね。

     そして、それぞれのおばさんの容姿や表情、性格なども観察しながら、
    「ママは、どのおばさんが好き?」と、興味深げに聞いてきました。
    「ちゃいろおばさんかな?」
    娘は、ちゃいろおばさんも優しそうだけれど、1番好きなのは、むらさきおばさんなのだそうです。
    「だって、とっても上品だから。」 
    そうだね。 
    「それに、きれいで、刺繍も上手だよね。」と、話は弾みます。

     おばさんたちがかわいがっている犬のプリックが、怪しげな男に連れ去られてしまう場面にも、ハラハラ、ドキドキ。
    でも、みなしごのペッテルとロッタのお陰で、無事救出することができ、最後は、それはそれはすてきなハッピーエンドに! 

     娘は、プリックのカラフルなリボンだけでなく、ペッテルとロッタの服の色にも即座に気づき、おばさんたちと同じくらいうれしそうな笑みを浮かべていました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペッテルとロッタと3人のおばさんの出会い

    先に「ペッテルとロッタのぼうけん」を読んでしまったので、ふたりと3人のおばさんの関係がとても気になっていたのですが、シリーズの最初のおはなしであるこの本を読んで納得できました。
    いつも緑の服ばかり着ているみどりおばさん、茶色い服を着ているちゃいろおばさん、紫の服を着ているむらさきおばさん。それぞれに得意なことがあり、きびしくも温かい、魅力的な人たちです。
    このシリーズは、長女が幼稚園の年中の頃大好きになって、5冊すべて読破しました。どのおはなしも、とっても楽しく、そして心温まります。しっとりとした絵も素敵で、大人も十分楽しめますよ。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3人のおばさんの関係は?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    実は、この「3人のおばさんシリーズ」を読んで、はじめて、ベスコフの絵本の素晴らしさを認識した私です。

    それまでは、森生き物(妖精)の話やこびとの話が多かったベスコフの邦訳ですが、わりと最近になって邦訳されたこの「3人のおばさんシリーズ」は、私は密かにベスコフの真骨頂ではないかと思っています。

    前回、先に「あおおじさんのあたらしいボート」を読んでしまって、
    登場人物たちの事実関係が今いち分らなかったのですが、
    第1話の本書で、やっとつかみました。(これでスッキリです)
    ペッテルとロッタは、こうやって3人のおばさんたちの所にやってきたのですね。

    おばさんたちやあおおじさんとの関係も分かりましたが、3人のおばさんは気の合うホームシェア仲間なのか、実の姉妹なのかまでは描かれていません。だんだん分かってくるのかな〜(ワクワクです)。

    1ページ1ページの絵がとても丁寧で、美しく描かれているので、字が読めないお子さんでも、絵で物語を描けるんじゃないかと思います。
    出来たら小さなお子さんには読んであげたいですが…。
    他の作品に比べると大人がたくさん出てくるので、あまり小さいお子さんだと、共感できる部分が少ないかもしれません。
    幼稚園の年長さんから小学校くらいまでのお子さんにお薦めします。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嬉しくて、幸せで泣ける絵本

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     ペッテルとロッタが3にんのおばさんと一緒に暮らすようになったわけがかかれているお話です。このお話もほかの3人のおばさんシリーズと同様にとんでもない展開続きの上、無事にハッピーエンドになります。娘は
    「むらさきおばさんがかわいい」
    といいます。おばさんにかわいい??とは如何に?単純に見た目が3人の中で一番かわいいというだけのものでした。
     私はとんでもない展開の中にペッテルとロッタとおばさんたちをつなぐ偶然?というよりも運命がベスコフによって仕組まれているのがすごいと思います。「あ〜、よかった。」と、じわっと嬉しさや幸せをかみしめて泣かせるテクニックに脱帽です。

    掲載日:2009/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • むらさきおばさんが好きです。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    有名なお話でしたので、ご存知の方も多いとは思われますが、ワタクシは初めて読ませて頂きました(^_^;)と申しますのも、先日拝見した洋画の中でこのお話の事が出て来たのですが、全く分からなかったもので(^_^;)早速♪読ませて頂きました♪
    なかなか気難しい感じの3人のおばさん達ですが、1つの事件をきっかけに、印象がガラリと変ります(*^o^*) 個人的には、むらさきおばさんが好きでした♪
    皆が幸せになれて、本当に良かったわ〜(o^_^o)と思える心温まるお話でございました(*^o^*)

    掲載日:2006/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット