あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

かぞえてあそぼう123」 みんなの声

かぞえてあそぼう123 作:みなみざわみよじ
絵:colobockle(たちもとみちこ)
出版社:新風舎
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784797467352
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,843
みんなの声 総数 8
「かぞえてあそぼう123」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かずに興味があるお子さんに♪

    最近、数字が大好きな3歳半の娘に読みました。

    数の絵本は、色々読んでいますが、こちらはしかけ絵本になっていて、+αで楽しめるなぁと感じました♪

    見開き2ページで1つの数字が描かれており、「1」のページは、そのまま「2」のページに続く仕掛けになっています。

    そして、「1」のページで出てきたものに、もう1つ増えた形で「2」になっており、「あ、〇〇が増えた!」という感じで、子供も楽しみながら読むことができます。


    この本で良いなぁと感じたのは、「いろんな数え方(単位)」が出て来る事です。 今までは「数そのもの」に興味を示していましたが、この絵本で初めて、「〇ぴき」「〇わ」「〇にん」 等、動物によって数え方が違う事に気づき、単位というものがあるというのを覚え始めようとしています。


    ただ、個人的には 「おおかみ 〇ひき」 と出て来てびっくりしました(笑)。
    ※オオカミって人間を襲う → 大きいから「1頭」だと思ってました。。。

    色んな単位に触れられるので、子供の興味を伸ばすにも良いと思います!
    (ここで派生した、「数え方の違い」については、「日本人なら知っておきたい! モノの数え方えほん /出版:日本図書センター」という本が、子供向けに詳しく説明してくれているのでおすすめですよ(*^-^*))

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がカラフルで可愛い!

    絵がカラフルで可愛くて、私的には大好きなビジュアルで、一目見て気に入りました。
    数字も分かりやすく書いてあるし、動物を数えながら数を学べるので良いです。
    数字の一部分が仕掛け絵になっていて、めくると動物の体の一部になっていたり、動物の数が増えていたりで、面白いです!
    今は、最後の星の数を、いつか全部数えられるようになったらいいな〜と思っています。
    英語の表記もあるので(例:one わん)、英語で数える練習にも良いですね。

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も何度も

    うちの子にこの本を読んであげたら、読んでいる横から一生懸命数えてました。なので、なかなか先に勧めませんでした・・・。でも、一生懸命数えているのがかわいかったです。絵もポップな感じでかわいくて気に入ってました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワン・トゥ〜♪

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    結構前になりますが、ようやくうちの娘、1〜10を数えれるようになりました^^
    数字にもちょっと興味があるみたいなので大好きな*たちもとみちこさん*のこの絵本を選びました。
    絵がかわいいですよね☆

    数字がきりんに!ライオンのしっぽが数字の2に!
    ページをめくると変わる絵も愉快♪

    英語の読み方も書かれていて、娘は何故かそっちの方に興味が沸いたようです。
    「ワン・トゥー♪」って英語の方が小さい子には発音しやすいみたい^^

    最後の星はたくさんあって、息子と一緒に頑張って数えるんだけど数えるたび数が違います^^;
    一生懸命数字を数える娘を見ていると成長を感じることができますね〜!

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • コロボックルさんの作品

    私自身がコロボックルさんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。そして、数字の1と2に興味を持ち始めた娘に数に関する絵本を読んであげたくてこの絵本を選びました。コロボックルさんの絵はとても楽しげでページをめくれば捲るほど私まで楽しい気持ちが伝わってきました。仕掛け絵本になっている所も遊び心があってよかったです。娘は数字を大きく読む所がとても気に入ったようでした。今は1と2を気に入っていますがこの絵本を繰り返し読む事によって他の数字にも関心を持ち興味が出るようになるといいなと思いました。楽しく数字が学べる絵本でした。

    掲載日:2008/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数えて楽しい・見て楽しい♪

    数をかぞえてあそぶしかけ絵本☆
    数字の一部がきりん・ライオン・うさぎ・ぞう…などに
    見事に変身するのは、大人が見ても感心です。

    娘はまだ2歳なので、しかけを理解できませんが
    ひとつひとつ指で指しながら一緒に
    “いち・にー・さん・しー・・・”と数えてあそんでいますよ。

    英語での読み方も書いてあるので、もう少し大きくなったら
    “ワン・トゥー・・・”と読めるようになるかな。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく数遊び

    colobockleさんのかわいい絵で楽しく
    数遊びができます。
    実際に絵本の動物を一緒に数えて数の
    認識をしています。
    3歳児にはまだ英語はおまけの存在ですが
    英語に興味を持ち始めた4.5歳くらいだと
    英語も喜んでいます。
    1・2と実際に大きく書かれた数字も
    とっても分かりやすいです。
    その数字がいろんな動物に変身して
    いくのも、とっても魅力的です。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごーい!数字が動物に変身っ!

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳

    図書館で長女が この作品を見つけて、幼児向け英語教室の先生をしている私に
    「ママ、この絵本レッスンで使えそうだよ」と薦めてくれた作品です。f(^ー^;

    『いくつかな?』 『ちょうが1ぴき』
    というように日本語で書かれた絵本なのですが
    大きく書かれた数字の横には日本語で 「に」 と書かれた下に
    英語で 『TWO<とぅー>』 と書かれています。
    英語のレッスンで読む時には動物の名前などを
    自分で英語に訳しながら数字や動物の名前のお勉強に使えそうです。

    しかけ絵本になっていて、出てきた数字が次のページでは
    違和感なく動物の体の一部になっていて、面白いですよっ♪

    掲載日:2006/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 1
  • 2歳 0
  • 3歳 4
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 0

全ページためしよみ
年齢別絵本セット