モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

RDGレッドデータガール(6) 星降る夜に願うこと」 みんなの声

RDGレッドデータガール(6) 星降る夜に願うこと 著者:荻原規子
イラスト:酒井 駒子
出版社:株式会社KADOKAWA
本体価格:\1,700+税
発行日:2012年11月29日
ISBN:9784041103487
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,690
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 脱ラノベをするにはもってこい

    勾玉三部作で荻原さんが好きになった人としては、最終巻まで読むにはごっついエネルギーを費やしました。ようやく。
    「西の善き魔女」も学園エピソードはこんなものだったが、またまた狙いすまされた、なんの必要があったのかわかんない戦国文化祭(一応土地の歴史とリンクされていたけど)
    とか思っていたら、マンガやアニメになっているのね。なるほど。
    オバサンは納得した。
    私よりまだ上の世代かと思う荻原さんだが、時代を読んでいてすごいな。クラシカルなのも描けて、こっち側も描けるのはやはりプロだと思いました。

    泉水子があんな性格なので、遅々として進まないストーリーがやっとラストを迎えました。
    ラストシーンがとても印象的。きゅんきゅんしました。
    結局ストーリーはよく理解できませんでしたが、それゆえアニメやマンガを見たいなとも思います。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと読みたい

    このシリーズは、現代が舞台ということで、大好きな荻原さんの作品でありながら、なんとなく読まずにいました。
    が、読みだすと、とまりませんでした。6巻まで、一気読みです。
    やはり、ただの学園モノではありませんでした!
    きっと、主人公の泉水子に近い年齢でこの本を読めたなら、もっと刺激をうけて、得るものも多いのだろうと思います。
    ラスト、きれいに終わっていますが、読者としては、もっと読みたい!
    主人公以外の人物も魅力的な人が多いので、スピンオフという形でも書いてほしいです。
    もう読めないのは、さみしい。そう思える物語に出会えたのは、久々でした。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 終わり!?

    後日談です。
    お話は良かったです。
    シリーズ完結・・・。でも、まだまだ先が気になります。
    正直、恋愛模様より、泉子と姫神の未来の方が気になって読み進めてきたので、最後まで書いて欲しかったです。
    いつでもいいので、続編読みたいです。

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泉水子と深行

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    シリーズ完結巻です。
    泉水子と深行の関係が良かったです。
    しかし、未来はいったいどうなってしまうのでしょうか。この2人なら大丈夫なのかな?まあ明るい未来な感じはありましたが。
    この巻で終わりなのですがまだ先が読みたいなーと思ってしまいました。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズの(一応?)完結編らしいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    小学校の高学年くらいから中学・高校生以上の方にお薦めしてきているこのRDGシリーズですが、とうとう6巻にていったん完結という形になりました。
    ファンタジーのような、SFのような、ティーンズ文庫にありがちな恋愛もののような、わりと今どき風な内容です。
    ……ですが、荻原さんの描かれる言葉の世界にとても広がりがあり、ただの「今どき」では済ませないような面白さもしっかり伝わってきます。

    なぜ、今回の6巻で……?とは思いますが、
    少々強引に今までの伏線のこたえるような形をとりつつの(ひとまず)「完結編」となりました。

    いろいろ気にかかっていた点は、何となく説明されました。
    これからの泉水子のことは、作者自身気になっているような気がするので、もしかしたら、いつか続編を考えていらっしゃるかもしれません。

    毎回の表紙絵が酒井駒子さんで、とってもよかったです。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット