雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

いっしょにあそぼ」 みんなの声

いっしょにあそぼ 作・絵:藤本 ともひこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\371+税
発行日:2006年03月
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,179
みんなの声 総数 6
「いっしょにあそぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おまめちゃん

    おまめというのがかわいい発想で、大きい子と小さい子が仲良く遊ぶにはどうしたらよいかが楽しく書かれています。かがくのともにはこんな絵本もあるんだな〜と感心しました。うちでも早速弟をおまめと読んでお兄ちゃんが遊びをしきっていました。とても良い絵本でした!

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きい子と一緒に!

    大きい子が小さい子と一緒に遊んでくれるのは願ってもないことで、とても有難いことだと思いました。年齢に関係なく大きい子が小さい子の面倒を見て遊んでくれて、遊びを覚えて受け継いでいったものです。
    それが当たり前だった昔が懐かしかったです。それで縦のつながりを学んで入ったような気がします。
    集団で遊ぶ楽しさも経験させたいと思いました。
    仲間にいれて遊んであげるとやっぱり大きい子なりに、自覚や自信も身につくと思いました。弱いものと助けて、思いやり、優しさも自然に覚えると思いました。
    とってもよい絵本に出会えたと思いました。

    掲載日:2009/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たてのつながりを復活させよう

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    大きい子から小さい子までいっしょに遊ぶ姿、最近はほとんど見かけませんねえ。
    そういった状況を打破するべく、この本の登場です。

    この本を読めば、大きい子たちも小さい子たちもいっしょに楽しめる遊び方がとてもよくわかります。
    私がとくに印象的だったのは、大きい子たちが小さい子たちを遊びに加えてあげることで、小さい子をおもいやる気持ちが生まれていくところでした。

    親の私も、小さいときに年の離れたお兄ちゃんおねえちゃんと遊んだ記憶がかすかに残るだけ。
    こういった本があると、たてのつながりで遊ぶヒントが得られて助かります。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっしょにあそぼ

    • はるしゅうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、男の子5歳

    ちょっと懐かしい本だなあと思いました。
    お姉ちゃんやお兄ちゃんが、小さい子も入れてこおり鬼をするお話です。私も子供のころ末っ子だったので、およくおまめで遊んでもらいました。
    ほかにもかくれんぼ・しっぽとり・カンけり・どろけい・どんじゃんけん、という遊びの遊び方が書かれています。
    子供たちにもこの本を読んで、いろんな年代の子と遊んでもらいたいものです。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おまめカードで仲良くね

    • ぽぽろんさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    大きい子と小さい子が仲良く元気いっぱいに遊んでいる様子がとても楽しそう。大きい子たちの遊びには、小さい子が邪魔に思えてしまうこともありますが、一緒に遊ぶといつもと違った楽しみが発見できる「おまめカード」のアイデアがとてもいいです。こうやってみんなで仲良く遊んで欲しいなあと思います。

    掲載日:2006/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • こうやって、遊ぶと楽しそうですね。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、男の子5歳

    月間予約絵本、かがくのとも、2006年3月号です。
    大きい子と小さい子が一緒に遊ぶときの、「おまめルール」を絵本にしてあります。

    大きい子と小さい子がいっしょに遊ぶときって、ハンデの問題がありますよね。
    それを、「おまめルール」を作って、一緒に遊べるようにする。
    こうやって遊ぶと、とっても楽しそうです。
    小さいときってお兄ちゃんたちと遊びたいけど、邪険にされるって覚え、ありましたし、
    実際、自分が大きくなったとき・・・邪険にした覚え、ありますし。
    こういうルールを思いつけば、一緒に遊べたのになぁ、と思いました。

    掲載日:2006/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット