貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぴょーん」 みんなの声

ぴょーん 作・絵:まつおか たつひで
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784591064764
評価スコア 4.75
評価ランキング 659
みんなの声 総数 280
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

280件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 孫の大好きなぴょーん

    朝、孫にぴょーんを読むのが日課になって、いつのまにかぴょーんじいと、ニックネームまでつけてもらいました。孫は、特ににわとりのぴょーんが大好きです。かわいい笑顔を、ありがとう。とても幸せにしてくれる絵本です。

    掲載日:2008/04/23

    参考になりました
    感謝
    4
  • 科学絵本のファーストブック

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    上にめくる変形の絵本ですが、最初の動物がいて次の頁には跳ねる描写を2面を使うので、とても上手な構成です。
    小さい絵本なのに、それを全く感じさせません。

    まつおか たつひでさんは、科学絵本の第一人者とのことなので、その動物達の跳ねる姿が、見事に特徴をとらえています。
    楽しいイラストと相まって、これは子供を引き付けない訳がありません。

    一寸バッタが、仮面ライダー似で怖いと思う向きもあるかも知れませんが、かえるとかうさぎとかの跳躍姿は、自分も飛んでみたくなること受けあいです。

    科学への興味も湧いてくる絵本だと思います。
    ファーストブックに是非加えて欲しい絵本が、また一冊増えました。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 姉妹で大満足

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    作者の表記が平仮名なので、
    あの松岡達英さんだとは、すぐには気付きませんでした!
    私の中では、松岡さんと言えば“だんごむし”。
    物凄くリアルで緻密な絵に驚愕したものですが、
    デフォルメされた絵もとっても素敵ですね。

    我が家の娘達は1歳と3歳で、
    なかなか2人同時に満足出来る絵本はないのですが、
    こちらの作品はその数少ない中の1冊です。
    読み聞かせすると、2人共とても喜んでゲラゲラ爆笑しています。
    そういった状況なので、
    なかなか読みながら『ぴょーん』と抱き上げてあげられませんが、
    主人にも協力してもらって、
    是非遊びながら読んであげたいと思っています^^

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぴょーんてとびたくなります!

    • そう坊さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子1歳

    ジャンプするものといえば・・もちろんカエル!
    カエルのジャンプから始まるお話です。

    絵本の見開きを縦につかって、次のページでぴょーんとジャンプ!
    身近な動物からよく知らないものまで・・

    1歳のころからページがかわるのを期待をもって見ています!
    ジャンプするのがわかると必ず次のページにむけての目線が上にむいていて、小さいなりに次への予測をしてみることができています。

    大人目線からのおすすめは、バッタととびうおです。かわいらしい絵ですが飛ぶ姿はしっかり描かれていておもしろいです。また、とぶはずのないかたつむりがでてくるところがなんともかわいいです。

    保育所で働いているときに2歳ぐらいになると、絵本と一緒にジャンプをしたり、かたつむりの「だめか」という言葉に、一緒になって首をかしげる姿もあり、年齢に応じて反応がかわっていくのでおもしろいと思います。

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母は大変

    読み聞かせの会で何度も登場した本です。
    ぴょーんの度にお母さん達は子供を持ち上げ、ぴょーん。
    最後はお母さんはヘトヘト。子どもはニッコニコ。

    途中のカタツムリがいい味だして、一緒にゴロン。
    お母さんはちょっと休憩。

    家で読むときは最後の一回だけ。
    それでも、いつも大満足の絵本でした。

    体重の増えた今では、パパと一緒に読む本です。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 0歳から

    0歳から読んでいる本です。単純な「ぴょーん」の言葉と元気よくジャンプする姿が娘には分かりやすいようで一時期はまったのかずーっと読んでいた本です。1歳の今でもたまに読むと一緒にジャンプします。とても小さな本ですが、迫力満点。2人目が産まれる予定なのでまた活躍してくれそうです。今度は姉弟で一緒に跳ねたり楽しんでくれると思います。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • たかいたかい遊びにも

    近年出版された赤ちゃん絵本の中で1、2を争う良書。
    2000年の出版以来、すでに31版を重ねる(2010.4現在)。

    カエルがぴょーん、こねこがぴょーん…。
    様々な動物がぴょーんとする。
    途中、ぴょーんできるの!?と思う動物も登場。
    文のリズムの面でもとても良いアクセントになっている。


    普通に読むだけでも楽しいが、赤ちゃんを抱っこする側と読み手に分かれて、「ぴょーん」に合わせて高い高いをして遊ぶことも。


    2ヶ月の子に読んだところ、「ぴょーん」の度に手足を動かしていた。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 体力いります

    いろんな動物がぴょーんとジャンプする絵本。ひたすら「ぴょーん」が繰り返されるのですが、飛んでいる動物たちの動きがリアルで、さすが科学絵本に定評のあるまつおかたつひでさんです。
    うちではある日パパが読み聞かせをしながら娘を高く持ち上げたのが楽しかったらしく、それ以来私が読むときも持ち上げて欲しそうにひざの上でぴょんぴょんするので、この本はパパと決めました。うちの子はまだ1歳半で自分では上手にジャンプできませんが、もう少ししたら自分でぴょーんとするかもしれません。楽しみです。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 娘も一緒にぴょーん!

    0歳の頃から娘に読み聞かせをし、1歳を過ぎても、まだ娘のお気に入りの絵本。

    「ピョーン」のところで、娘を高く抱きあげると、大きな口を開けて喜ぶ。絵本が後半に近づくにつれ、娘の「抱っこをしてもらえる」という期待が大きくなるようで、娘は抱っこされるのを待っている。

    どんなに娘の機嫌が悪くても、私がこの本を読み始めると、娘はすぐに笑顔になる。私にとっては魔法の絵本だ!

    絵本を読み終えた後、娘に絵本を与えると、本を高く持ち上げた。これって、「ぴょーん」のつもりなのかしら?!

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本を投げた!!

    以前公民館での集まりで先生が読んで下さいました。
    その時娘はあまり反応があったわけではなかったんですが、私が「おもしろい!!」と思って最近購入しました。

    順番に「ぴょーん」って読むと、まだジャンプできない娘は体を思いっきり伸ばして、ぴょーんした気になっています。
    最後に娘を高い高いすると、とっても喜んでいます。

    先日娘が一人で「ぴょーん」っていいながら本をめくっていました。
    私はなんとなく横目で見ていたのですが、次の瞬間、娘は「ぴょーん」といいながら絵本をほり投げたんです。
    私は呆気にとられびっくりしましたが、大笑いしてしまいました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    1

280件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

みんなの声(280人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット