雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

Where’s the Fish? きんぎょがにげた (英語版)」 みんなの声

Where’s the Fish? きんぎょがにげた (英語版) 作・絵:五味 太郎
訳:ミア・リン・ペリー
出版社:RIC出版
本体価格:\0+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784902216264
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
「Where’s the Fish? きんぎょがにげた (英語版)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 英語学習の初級者にオススメ♪

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳

    私事で恐縮ですが、今度、英会話教室の先生をさせて頂くことになり、
    教材に出来るような英語版の絵本探しをしていて出会った絵本です。

    福音館書店の作品を ”RIC出版” という出版社が
    英語版にされてるんですねぇ。

    そのRIC出版社、
    もともとは、3名の現職の小学校教師が
    本当に役立つ理想的な教材が欲しいという思いから
    「教師による教師のための教材」ということで
    日本の絵本を英訳されたのだそうです。

    それらの教材はやがて評判を呼び、
    3人は名前の頭文字(Rik,Ian,Chris)を取って
    R.I.C.出版を設立。

    以後、R.I.C.出版は
    「By Teachers For Teachers」という理念のもと、
    オリジナリティあふれる教材を英訳することによって
    世界中へ提案し続けていているのだとか。
    小学校の教師が立ち上がって出版社設立なんて、
    感動的にすごい話!

    さて、この「きんぎょがにげた」の英語版、
    端的に良い表現が選ばれていると好感を持ち、
    初歩のクラスの読み聞かせで
    使わせてもらおうと思っています。

    Where’s the fish?
    (金魚はどこかな?)

    There’s the fish.
    (いたよ)

    の繰り返しなので、
    なんとなく英語の意味も理解しつつ
    金魚の絵探しを楽しんでもらえそうかな♪

    必要以上に忠実に英訳してしまうと
    「金魚」が goldfish になると思うのですが
    初歩の英会話習得者にはややこしいので
    シンプルに“fish”と訳されているのがとってもいいと思いました。

    掲載日:2006/02/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 日常生活で必要なもの

    娘はまだ0歳児なので言葉を発することもないですが
    同じ表現の繰り返しでわかりやすいと思います。

    それに動物や子どもの好きそうなものがたくさん
    描かれていて、説明してあげるだけでも
    語彙力があがるのではないでしょうか。

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英語で読んでみよう

    日本語バージョンを先に読んだので今度は英語バージョンを読んでみました。
    簡単な英語ですが発音はあまり自信がない親が読みました。そのせいか日本語バージョンのほうがうけがよかったかも。
    この絵本を大好きな子供が多いので、英語の入り口に読んであげるのに向いていると思います。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返し

    CDがついていて英語の発音に自信のない人でも安心です!!文自体は同じ文の繰り返しなので、えいごがしゃべれない子供でも簡単に覚えてしまうと思います。金魚の絵もかわいいのでとっても親しみやすい絵本でした。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味太郎さん

    五味太郎さんの作品だったので日本語版を既に読んだ事があり娘にも英語でこの作品の良さを感じて欲しかったので選びました。同じ文章が何度も登場するのが良かったです。これなら耳に言葉が残りやすくて良いと思いました。最後のもう逃げないよの英語訳が素敵だなと思いました。娘には繰り返し聞いて英語にも親しみを持って欲しいなと思いました。

    掲載日:2009/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英語にがっかり…

    最初に日本語の本を読んで、これはいい本だと思い、英語版も購入してみました。

    最後の一文を除き、‘Where’s Fishy?’ ‘There’s Fishy!’ の繰り返しです。日本語版だと同じような内容でも全く同じ文ではないので、親しみをこめて読めましたが、英語版は同じ文の繰り返しなのでなんだか機械的な読み方になってしまいます。

    また、文中では‘Where’s Fishy?’と言っているのに、タイトルは‘Where’s the Fish?’になっているのはなぜだろうという疑問も残りました。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しで覚えます

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    『Wheres the Fish?』と『Theres the Fish』の繰り返しなので、小さな子供でも覚えてしまう英語教育にもピッタリな絵本です。
    「きんぎょさんどこかな?」「ここにいるよ」と日本語と英語を交互に読んでいると、何度か読むうちに日本語で言わなくても解るようになりました。

    掲載日:2008/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい感じです

    自宅にある馴染みのある絵本ならば
    英語で書かれていても抵抗はないだろうなと思って
    図書館で借りて読み聞かせました。
    オリジナル版同様、娘はきんぎょ探しに精を出しているので
    英語の音をきちんと聞いているかどうかは疑問ではありますが
    Where’s the fish?
    There’s the fish.
    をひたすら繰り返す文章は読み聞かせているうちに
    リズミカルで耳に残っていくと思います。

    掲載日:2006/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / もうねんね / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / みんなうんち / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット