なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
グッチーさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

おしろとおくろ」 みんなの声

おしろとおくろ 作:丸山 誠司
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年04月30日
ISBN:9784333025954
評価スコア 4
評価ランキング 19,150
みんなの声 総数 22
「おしろとおくろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

  • 白いお城VS黒いお城

    白いお城VS黒いお城 のお話。
    白いお城にはシロという犬や舞妓さん、
    黒いお城にはクロという猫やイカ墨
    が味方になります。 
    なるほどなぁと勉強になるくだりもあり、お城たちを見に行きたくなります。
    絵は独特なので、好みはわかれるかもしれませんが、細かいところまで描かれていて、お城マニアにはうけるかもしれません。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしろと・・・おくろ?!

    おしろ・・・はわかるけれど、おくろって?

    頭の中に「???」が沢山ついたまま、読み進めました。

    とにかく勢いのある絵が、ページいっぱいに描かれていて、思わず目を奪われます。
    それぞれのお城にいる生き物たちも、しろとくろで 何だか運動会みたい!(運動会は、白と赤ですが・・・)

    どっちのひげが素晴らしいか決めるためにいざ対決!というきっかけも奇抜ですが、
    絵と物語がとても良くマッチしているので すんなりとこの世界に入ってゆけます。

    乗り物や動物が主人公の絵本はたくさんあるけれど、建物が主役とは!
    斬新なアイディアに、驚かされました。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃的

    白いお城といえば姫路城。
    黒いお城といえば岡山城。
    どちらにも縁があるので、早速読みました。
    なんと!奇想天外!
    白いおしろが舞子さんにおしろいを塗ってもらって、
    黒いお城がいかにスミを塗ってもらっているなんて。
    そして、最後はオセロで対決するんですよ!
    お城が!
    なんとも奇想天外でした。
    勢いがあって楽しかったです。
    子どもに読むときは、「お城」ってどういうものなのか
    の導入が必要かもと思いますが。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本ならではの

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子5歳

    日本ならではのお城。
    それを「お白」と掛けて、対峙する「お黒」を登場させるとは。
    作者の丸山誠司さんのセンスを感じますね!

    最もわかりやすい色のコントラストですから、「お城」がいまいち分かっていない幼児でも、楽しみやすいと思います。

    だいふくもちが好物。白ひげが自慢のおしろじいさまと。
    あんころもちが好物。黒ひげが自慢のおくろじいさま。
    どっちがかっこいいか、チェスやオセロで対決しようとします。

    白黒の世界、ぜひお楽しみください!

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか迫力ある絵本

    おしろが主役というちょっと一風変わったこの絵本。
    骨太、ダイナミックな絵でスケール感があります。
    絵の大きさ以上の迫力を感じますねえ。
    白も黒もどっちも憎めない愛嬌あるキャラクターなのがまたいい味出しています。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白と黒、どっちも好き

    3歳の息子と6歳の娘と読みました。白いお城と黒いお城が、どっちがかっこいいか勝負するという話。「おしろとおくろ」というネーミングも楽しいし、チェスやオセロなんかも登場して、なんだかハチャメチャな対戦となります。
    最後の白黒混じりあったお城をみて、「白黒って、混じるとなんかかわいいなぁ」と妙に納得してしまいました。脱力系のオモシロ絵本です。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白黒対決

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    題名から脱力です。
    真っ白いお城と、真っ黒いお城の、白黒対決のストーリーです。
    どちらも、それぞれの色のヒゲが自慢ということで、オセロで勝負、という次第。
    対戦前にルールを確認していたら、白と黒が相乱れて、
    案外これがかわいくて、どうでもよくなってしまうという唖然の展開です。
    豪快な展開が笑えますね。
    子どもたちにとっては、イカツイ存在のお城ですが、
    こんなキャラクターを見てしまったら、本物のお城にも関心が行きそうです。
    そんなことも見越してか、見返しには、各地の名城の所在地の地図まで配置
    されています。
    これからお城を見たら、この作品を思い出しそうです。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白・黒

    このお話は白か黒かどっちがカッコいいか決めるお話でした。うちの子はくろの方が最後までかっこいいって言っていました。お互い得意なことも好きなものも似ているのにケンカしているのがなんだかおかしかったです。最後には結局色が混じってしまって、ってな感じで終わったのでよかったです。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアな戦い

    歴女が流行したり
    「お城」もですよね?
    レゴでもお城作った方いましたね?

    流行しなくても
    歴史的にも
    建築物としても
    本当に、日本人ってすごいなぁ〜と
    思われる文化です

    「しろ」に対して「くろ」かぁ
    なるほど
    で、お手伝い?に参加してくるのが
    それぞれの色の動物と
    舞妓さんのおしろいというのがまたおかしい

    戦争?と思ったら
    大丈夫
    ゲームで勝負なんだけど
    これは・・・もしかして・・・
    やっぱり、大変なことに!!

    そして・・・
    みんなもなんだか不思議な動物になっていたり

    ユーモア絵本でした
    ちょっと変わった角度からの
    「お城」を楽しめるのかも

    掲載日:2013/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 城学習のきっかけに

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    城好きの私は、ついついタイトルに惹かれて読んでみましたが・・
    お城の話ではないのですね。
    白いお城じいさんと黒いお城じいさんの
    ちょっとした意地の張り合いのコメディータッチなお話でした。
    お話は楽しく読みましたが、
    この本を読んだ後は、熊本城と姫路城の写真を見せて
    本当に黒いお城と白いお城があることの学習につなげていきたいと思います!

    息子たちは、彦根城にのぼったことがあるので
    きっと、親近感がわく絵本だと思います。

    掲載日:2013/05/03

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット