ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

おしろとおくろ」 みんなの声

おしろとおくろ 作:丸山 誠司
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年04月30日
ISBN:9784333025954
評価スコア 3.96
評価ランキング 30,450
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 白黒のお城が主人公

    お城が主人公の絵本とは、初めてです。
    それも、白と黒のお城が、オセロ対決するという発想が、面白いですね。

    関西でいうと、黒は大阪城、白は姫路城でしょうか…
    歴史好き、お城好きな子なら、軽く楽しめると思います!

    掲載日:2017/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいわちゃわちゃ感

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    よく分からないお話しでした。
    題名から、どんなだじゃれや笑いが隠されているのかと期待して読んだのですが、ちょっと残念。
    チェスをしたり、オセロをしたり競い合うところまでは良かったんですが、その後わっちゃわっちゃしてきて、よく分からない展開でした。

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアのセンスがある絵本

    城としろがかけてあって、なかなかユーモアのセンスを感じる一冊です。

    ちょっとナンセンスな気もしないではないですが、お城がいざ勝負!とオセロ対決するおちは、なかなか面白いです。
    おしろいパタパタして、墨をぺたぺた塗って・・大変なオセロだけれど、なんだか憎めない。

    最後はどうなって終わるんだろう??
    もしかして白と黒が混じってグレーにでもなってしまうんだろうか?

    なんて想像しましたが、最後は、しろもくろもニコニコ、どっちもかわいくなっちゃって楽しそうにお餅をほおばる姿に安心してページを閉じることが出来ました。

    今までにないストーリーで面白かったです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お城でオセロなんて面白いです

    全ページお試しで読みました。
    お城でも黒いのはおくろなんて考えたこともなかったの面白いなと思いました。
    お城でオセロなんていうのもしゃれています。
    表も裏の見返しに日本の主な城が描かれているのもよかったです。
    白さぎ城や、からす城の別名をもつお城など個性豊かな日本の城と歴史に興味が持てる一歩になりそうな楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • しろとくろ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子6歳

    お城にもしろいのとくろいのがあるんだと
    改めて知りました。
    幼稚園の下の子は単純にお話を楽しく読んでいました。
    そして親たちは
    この絵本をきっかけにお城を見に行っていたいと思いました。
    小学生のお兄ちゃんは表紙裏の
    いろいろなお城マップを
    興味深そうに見てたのしんでいました。
    とてもお城や歴史に踏み込む良いタイミングだと思いました

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おしろ」と「おくろ」の発想にびっくり(^^)

    5歳の次女と一緒に、全ページ試し読みさせて頂きました。

    色が白いから「おしろ」、で黒いのが「おくろ」!
    この発想にはびっくり!
    なるほど、お城の「おしろ」と「おくろ」かぁ〜。

    どっちのひげが立派か?で対決が始まりますが、
    娘はチェスもオセロも舞妓さんもよくわからないので
    正直ちょっと反応はイマイチでした。
    可もなく不可もなく…でしょうか(^^;)。

    女の子よりは男の子にヒットするような気がします。

    次女は一番、両見開きの日本のお城に食いついていました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!

    真っ白なお城のおしろじいさまと真っ黒なお城のおくろじいさま。
    独特の世界観のある絵本で,個性光る2つのお城のお話です。
    どっちのお城がかっこいいかしら?
    白と黒のお城から,オセロとは「なるほど!」と思いました。
    この絵本を読んで久しぶりにオセロをやってみたくなりました(笑)。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑ったわらった、あ〜面白かった!

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     田舎のお城をすぐ思い出して興味津々。
    何かがきっと巻き起こるにちがいない!と、予感させるこのタイトル。
    とにかく奇想天外の丸山画伯のインスピレーション、万歳!!
    面白くて内容は書きたくありません。痛快です。
    大人も子どもも、絵本ってこうでなきゃって思ってしまう。
    またこの次も、期待しちゃうぞ!感謝。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お城愛?

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    お城が主人公の絵本なんて、初めてです。
    お城好きにはたまらない?
    姫路城や松本城など、全国の有名なお城がのっていますが、
    きっと、それぞれ特徴をとらえてあるのでしょうね。
    私には、ちんぷんかんぷんですが・・・

    さて、お話はおしろじいさまとおくろじいさまと、
    どっちがかっこいいかの比べっこ合戦。

    おしろじいさまは舞子さんにおしろいを塗ってもらえば、
    おくろじいさまはイカにイカ墨を塗ってもらって勝負!
    さらに、オセロ対決?
    どんな展開になっていくのか、ハラハラどきどきでしたが、
    なんと、最後は・・・
    こんなお城があったら見てみたい。

    なかなか面白い対決でした。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おくろって?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    おしろはわかるけれど、おくろって何?と思いましたが、表紙でいきなりわかりました。おくろって面白い発想だなー。
    おしろとおくろの対立。いったいどうなってしまうの?と思いながら読んでいきました。
    ところが戦おうにもチェスやオセロのルールを忘れてしまっていたりでなんだかぬけていて(笑)。
    ラストも私は好きなラストです。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

みんなの声(23人)

絵本の評価(3.96)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット