庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ネムネムのじかん」 みんなの声

ネムネムのじかん 文:メグ&キャサリン・パイバス
絵:ペトラ・ブラウン
訳:石津 ちひろ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年03月20日
ISBN:9784776406037
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おりこうさんのヤマネなら…

    ねむりのもりのヤマネたちは、みんな眠るのが大好き。
    その中でも、ネムネム一家は、とびっきりのねむたがりやさん。
    ところが、ひとりだけ寝てない子がいて、森の中へと、でかけていきました。最初に会ったのは、こうもりのバットさん。
    「おりこうさんのヤマネなら、もうぐっすりねているじかんだぞ。」
    と言われてしまい、眠たくなる方法を教えてもらうのですが、なかなかうまくいきません。
    どうしても眠たくない夜だって、たまにはあるもの、そんなときには、とっておきのおまじないがあるようです。
    絵本の中に、もう一冊の秘密の絵本を見つけてしまいました。
    もうドキドキ…ぜひ、お試しください。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の中にまた絵本

    4歳の息子が図書館で見つけて「読んで」と持ってきました。
    ヤマネのネムネム一家は、みんなとびきりのねむたがりやさん。パパもママもきょうだいたちもみんなぐっすり眠っているのに、いちばんちびの「クリクリ」だけがまだねむたくないと家の外へ出て行ってしまいます。
    コウモリやハリネズミやヒキガエルに出合って、みんなにもう寝る時間でしょと言われても、まだぜんぜんねむたくないクリクリ。大冒険のあとは、おかあさんの腕の中で「ねむいひみつの本」を読んでもらいます。
    絵本の中にまたその「ねむいひみつの本」があるというつくりにビックリ!息子もとても喜んでいました。

    掲載日:2014/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物が出てきた

    このお話の途中にお母さんがネムネムに本を読んであげるシーンが出てくるのですが、その絵本の中の本が本当に読める感じになっていました。うちの子は感動して「本物でてきた!!」って言って喜んでいました。私も本物の本が載っていて楽しい気分になりました。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット