うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

パンダってなんだ」 みんなの声

パンダってなんだ 作:マイケル・フォアマン
訳:麻生 九美
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1979年10月
ISBN:9784566001244
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「パンダってなんだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だらしない人間がキャンプのあと片付けもせず 散らかし放題な空き缶(はじめの人間の姿にこんな光景あるあると思いました)

     パンダは自分の顔を缶のふたに写して「自分は、白地に黒縁のクマ。それとも黒地にしろぶちなのかしら?」そんな疑問を抱いて
    旅に出るのです(この疑問がおもしろい)

    旅で出会った奇妙な光景(僧侶たちの太鼓やラッパの音楽?)
    パンダは空き缶で楽器を作るのです そしてまた 旅に
    今度は、ラクダが出てくる国へ ラクダの姿から 
    もっと良い暮らしがあるんだと思うのです

    海にでてイルカや トカゲや オンドリに出会い それぞれの生き方 考え方が違うことに気がつくのです

    ひょうは 「しろいとかくろいとか きにしないのがいちばんだよ」
    「白いところと、黒いところを、いれかえられるもんじゃなし」
    なるほど 明快な答えですね

    水牛の考え方も哲学的 「たいせつなのは、生きていきためにはたらくってことだよ」

    いろんな出会いで いろんな考え方を聞いてパンダは訳が分からなくなるのですが・・・そして 気がついたんです 
     
    みんなそれぞれちがうんだもの  最後に自分の頭で考えて  前よりも幸せだと感じる

    う〜ん
     
    ここまで 考えたパンダはすごい!
    なかなか そこまでの答えが得られず悩んでいる人が多いんですが・・・・

    でも 旅をしていろいろな世界や人に出会うことは良い勉強になるんだな〜
    この絵本読んで益々旅に出たくなりました!

    ラストのパンダの笑顔  パンダの答え  
    皆さんが読んでみて見つけてください

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分探しの旅のはて

    パンダが考えた。
    自分ってなんだろう。
    「白熊に黒ぶち?」「クロクマに白ぶち?」
    悩んで旅に出たパンダは、いろいろな人にいろいろなことを教わり、結局自分は自分なんだという答えに達観します。
    世界を旅するパンダは、自分さがしに旅をする青年に似ています。
    少し哲学的ですが、パンダの廻った国々や、巡り合った動物たちの人生観がとても面白いのです。
    なんで絶版?

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット