だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うみのがくたい」 みんなの声

うみのがくたい 作:大塚 勇三
絵:丸木俊子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1964年
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
「うみのがくたい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 船乗りたちが演奏する音楽を楽しんでいる魚たち。
    音楽好きな魚たちが、嵐の中の船を助けてくれるなんて夢のようですね。
    そして、魚たちももらった楽器で演奏を始めました。
    どんな音楽だったのでしょうか?

    そういえば、CD付の絵本もあるとか。
    このお話がさらに楽しくなりますね。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽は心をつなげる

    音楽が好きな人や、子どもに楽器を習わせている人に、是非読んでほしい絵本です。
    音楽は、種族を超えて、心をつなげるんだなぁと教えてくれる絵本です。
    音楽は万国共通。素敵な曲や、優しい音色や、深みのある響きなどは、心をひきつけてやまないものなんだと思いました。

    掲載日:2013/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本

    CD付きで、英語とかじゃなくって
    1964年初版で
    1971年こどものとも傑作集で第1刷のものです

    子どもの頃
    私ももしかしたら見ていたかも・・・
    なんとなく この感じ

    クジラたち海の生き物と
    海の男達の交流って
    スケールが大きくて
    音楽を通して・・・tって
    なかなかありませんよね

    この絵もなんとなくなつかしい

    ゆうやけの点描のような描き方・・・
    う〜ん
    観ているような気がするなぁ・・・

    魚たちの動きとかも
    ユーモラスなんですよね

    どこからか音楽が聞こえて聞こえてくるような
    とても素敵な作品です

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚たちの演奏

    海の男たちのロマンスを感じる絵本でした。勇ましく逞しい海の男の優しさが伝わってきます。音楽に惹かれるのは人間も魚も同じなんだと思いました。船が沈まないようにいつも音楽を聴いている鯨3頭、その下には鮫もイルカも他の魚たちもびっしり一杯集まって船が沈まないように頑張ってくれてる姿に感動しました。心のこもっている演奏って聴いている人に必ず通じると思いました。魚たちの演奏も聴いてみたいと思いました。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の絵本は なんと昔 1964年の 福音館の絵本で 丸木俊さんの絵がすばらしく  絵画展を見ているようで
    おはなしも すごく ロマンチックで こんな すばらしい絵本を 本やさんで見つけた  娘の頃の  感動は 今も同じです。

    やはり すばらしいものは いつまでたっても 変わりません 


    この間 パラオの海 潜って 魚たちが とてもきれいで 珊瑚や 熱帯魚に囲まれ 魚になった気分を味わったので  この絵本を 読んで ますます  海が好きになりました。

    音楽は、本当に 良いですね!

    人間だけでなくて 魚たちもまた 音楽の持つ優しさ わかるんだ!

    くじらや さめやあんこうや いろんな魚たちが幸せそうに描かれていて  ステキです!

    躍動感のある 鯨たちが うみに 帰っていくところも ぐっと 引き込まれますし

    何より 最後の 夕焼けの絵は、 丸木さんのすばらしさを感じ 感動です。


    是非 多くの人に読んで欲しい絵本です!

    掲載日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想の世界に。

     船乗りたちは、音楽が好きで楽隊をつくり夕方になると甲板で演奏していた。そうしているうちに、たくさんの魚が集まるようになって音楽に合わせて踊るようになった。

     その船が、ある日嵐に巻き込まれエンジンはとまり、穴があいているのか水が流れ込むがしずまなかった。そうして、嵐が過ぎ去り船乗りたちは船底にくじらがいるのに気がつくのだった。

     最初から最後まで幻想的な雰囲気で、こんなすてきなお話が世界のどこかであるんじゃないのかなと思いました。音楽の力ってすごいですね。私もこんな音楽聞いてみたい!!

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽を介して通じ合う気持ち

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    音楽好きの船乗りたちは、航海中にも船の上で演奏します。ある日、いつものように演奏していると、クジラや魚たちが集まってきます。
    クジラや魚たちが奏でる音楽が夕焼けの中から聴こえてきそうな、そんな余韻までも描いた丸木俊の絵がすばらしい。大塚のテキストもシンプルで良い。
    音楽って良いもんだなって改めて思わせる絵本です。

    掲載日:2007/01/02

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット