もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ざっそうの名前」 みんなの声

ざっそうの名前 作:長尾玲子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年04月15日
ISBN:9784834027976
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,837
みんなの声 総数 11
「ざっそうの名前」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 刺繍がすごいので驚きました

    野草がとてもたくさん描かれているので、
    すごいなと思ったのですが、これは全部刺繍なのですね。
    驚きました。
    なんてきれいなのでしょう。
    スイカが冷えるまでのあいだ、おじいちゃんと野草を見て歩く時間は
    とても楽しそう。
    こんなに野草が自生しているお庭うらやましいです。
    きつねのまごが好きになっちゃうぼくってかわいいです。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ざっそうに目がいくように

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    お勧めされていたので、図書館で借りてみました。

    丁寧なステッチでみているだけでもすてきなのに、
    ざっそうの名前をおじいちゃんから教えてもらい、
    子どもと一緒に学びました。

    読んだあとから、外に出ると、
    「あ、これ知ってる」
    とざっそうに目がいくようになりました。

    子どもも「これはなに?」と興味を持ち、
    ただの草への見方が変わり、
    散歩が楽しくなりました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一つ一つの植物の特徴がよく分かりました

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    全部刺繍で表現してある刺繍絵本です。
    この技術はすごいです!
    そして物語の展開もしっかりとしている中で、いろいろな雑草のことを物知り(もしくは草花が好きな)おじいちゃんが太郎に教えてくれます。
    このおはなしの季節は夏ですが、巻末でおじいちゃんと太郎が言っているように、ほかの季節のバージョンもぜひ出してほしいなぁと、思います。

    紹介されている一つ一つの植物の特徴がよく分かりました。
    人数が多すぎるところでの読み聞かせには、遠目がきかないかもしれませんが、こじんまりした人数のところでなら読み聞かせにもお薦めです。

    5,6歳から小学校3,4年生くらいのお子さんたちにいかがでしょうか

    掲載日:2017/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても素敵でした!

    おじいちゃんから、雑草にもちゃんと名前があることを聞き、興味を持った男の子。
    おじいちゃんと一緒に、雑草探しのお散歩に出かけます。
    それがとてもいい感じで、本当におじいちゃんと散歩に行っている気分になりました。

    雑草の名前も、知ってる!のもあれば、へ〜、そういう名前だったんだ〜というのもあり、どうぶつの名前がついているものとか、なかなか面白かったです。

    うちの娘は、元々雑草とか大好きなので、食いついて読んでいましたが、更に、刺繍で作られた絵に感動したようです。確かにすごい!

    雑草のように派手ではありませんが、とても素敵な本だと思いました。

    掲載日:2017/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 刺繍が素敵

    タイトルから図鑑みたいなのかな?と思って興味を持ちました。
    ページを開いてみると物語でした。
    絵が刺繍でとっても繊細で美しいです。
    身近にある草花がいろいろ紹介されていて、散歩に出かけたくなります。
    大人も子供も楽しめる絵本だなと思います。

    掲載日:2016/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 刺繍が素晴らしい!

    とにかく雑草の名前もですが、刺繍が素敵で素晴らしいと思いました。一針、一針を丁寧に刺繍がしてあって、今テレビで放映中の「べっぴんさん」を思いながら読んでました。雑草も花が咲いていると可憐で愛おしささえ感じました。でも春や夏にかけて畑と雑草との戦いは、終わりがないのですが・・・・・・・  おじいちゃんと、太郎とのかかわり方が、ほのぼのとしていいなあと思いました。

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい

    挿絵が刺繍なのですよね。
    ひとつひとつの草花を刺繍するなんて素敵。
    作者の長尾さんは、きっと楽しみながらこの絵本を
    作ったのだろうなあって思いました。
    こんな風に刺繍になるといいなって思うのに、普段、私は
    「雑草」と、ひとくくりにしてしまってないがしろに
    してしまっています。ちょっと反省。でも、反省しつつも
    畑などでほうっておくともう目もあてられないことにも
    なったりしますからねえ。難しいなあ。

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雑草のなまえ 学べますよ 

    おじいちゃんから いろんな雑草の名前を教えてもらうのステキですね
    ものしりな おじいちゃんです

    植物図鑑のようです
    ドクダミの臭いをかぐところや ヤブカラシを二人で引くところなどもいろいろ体験していますし
    雑草の花も かわいいのです  なんだかあいらしいですね

    長尾玲子さんの刺繍は天下一品です

    マイブックにしておきたい絵本です

    掲載日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんと一緒

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おじいちゃんに雑草の名前を教えてもらう太郎。
    おじいちゃんの知識に感心してしまいました。
    見覚え、聞き覚えのあるものが多かったので、散歩するとき等、注意して歩いてみると面白そうです。
    この絵本では夏の雑草が紹介されています。季節ごとで考えるとあたりまえですがさらに雑草があるんですね。

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ていねいなステッチで

     小さくて地味なざっそうを、刺繍であらわしています。それぞれのざっそうの形や色の、細かくていねいなステッチに見とれてしまいました。この絵本で、うちの庭のざっそうの名前を覚えました。ざっそうの名前っておもしろいなと思いました。
     おじいちゃんと太郎君の会話がほのぼのしています。おじいちゃんのキャラがいいですね。同じ髪型もほほえましいです。

     長尾さんの刺繍の実物を見てみたいなー、と思いました。
     他の季節のざっそうの絵本もできるのかな、、、続きがたのしみです。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



気になる絵本に投票しよう!レビュー投稿でプレゼントも

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット