しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

メルリック 〜まほうをなくした まほうつかい〜」 みんなの声

メルリック  〜まほうをなくした まほうつかい〜 作:デビッド・マッキー
訳:なかがわ ちひろ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年01月23日
ISBN:9784895728546
評価スコア 4.75
評価ランキング 762
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切なことが描かれています

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    ある国の王様に雇われている魔法使いのお話。メルリックは王様はもちろん他の人の頼まれごとまで、なんでもかんでも引き受けて魔法で簡単に解決してしまいます。ところがある日、メルリックの魔法が急に使えなくなって・・・。皆の生活が一変します。
    魔法に頼る便利な生活が人々の生活にどう悪影響しているのかを描かれています。自分たちの力で問題を解決していくことの大切さが感じられるようになっていますが、絵もかわいらしく、ユーモアにあふれている感じなので、説教臭くはありません。

    エルマーシリーズの方の作品だったのですね!エルマーは読んだことないのですが、この本はとてもおもしろかったです。

    掲載日:2017/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法は人のためならず

    なんでも魔法で解決してもらえるならば、これほど楽なことはありません。
    でも、みんなに頼られる魔法使いのメルリックは、疲れてしまって魔法を使えなくなりました。
    メルリックのおかげで怠惰に暮らしていた人々の困惑と、自分がしてきたことの誤りに気づいたメルリックとが、新たな展開を迎えます。
    人のためのつもりが、人のためになっていなかったのですね。
    大人としても考えさせられる内容ですが、コミカルな絵のおかげで重さはありません。
    エルマーシリーズで有名なデビット・マッキーは、問題提起性のある内容でも、ちょい悪ユーモアで包んでしまう、不思議な作家です。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人のいい魔法使い

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    国中の人が魔法使いメルリックを頼りきりという状態…これはたしかに彼が何かあった時にどうにもならなくなってしまいますよね。
    私もこどもが自分1人でできることをついつい手を貸してしまいがちなのですが、頼りきりになってしまっては困りものだなーとちょっと考えてしまいました。
    それにしてもメルリックは人がいいなー。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本で邦訳された初版は1970年!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    これはリニューアル物で、最初の日本で邦訳されたのは1970年だったそうです。
    邦訳も前回の安西徹雄さんから、中川千尋さんに代わっていますし、何より版元は『光村教育図書』でした。

    自分のつかえている王さまやすんでいる町の人々のために、何でもしてあげる優しい魔法使いメルリックが、ある日突然魔法が使えなくなってしまった!?というシリーズ第1作目のおはなしです。
    メルリックは自分のためではなく、自分の(魔法)力に頼り切っている町の人や王さまのために、必死に魔力を取り戻そうとします。
    その姿が健気でよかったです。
    キャラクターとしては、最終的にメルリックが助けを求めに行く山のてっぺんに住んでいる魔法の師匠【クラ先生】の、表情とそのポーズが面白かったです。

    文字はやや多めですが、各ページの絵が楽しませてくれるので、気が付いたら読み終えちゃっているという感じでした。
    物語の展開がぽんぽん進んでいくので、ドラマ性がありました。

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきっとします。

    国の人たちのために魔法を使い続けたメルリック。
    そのため、みんな働く気をなくしてしまいます。

    そんな時、急にメルリックが魔法が使えなくなり・・・・。

    これを読んだ時親としてとてもどきっとしてしまいました。
    思わず手を貸すことが多いからです。
    そしてしみじみ、手を貸すだけが愛情じゃないなぁと感じました。

    なるべく手を出さずに、見守るように心掛けたいと思わされました。

    ストーリーも面白くて、子供も楽しめました。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人読みのできる年齢のお子さんに

     メルリックは、お城で働く魔法使い。
     王様の命令が無いときには、町中の人の仕事を魔法で手伝ってあげるとっても優しい魔法使いなんです。

     ところがある日、メルリックは魔法が使えなくなり、王様も人々も困ってしまい、メルリックは魔法を取り戻すために妹の所へ行きますが、・・・。

     この後、魔法を取り戻すためメルリックは、魔法大王の所へ行き着きます。
     魔法大王の語ったお話に、ん〜〜〜、深イ〜〜〜。
     大人社会にも通じる手厳しい風刺の盛り込まれたお話でした。
     
     文章が長いので、読んであげるよりは、一人読みのできる年齢のお子さんにお薦めです。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良かれと思ってしていたことが・・・

    • キョッチさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子9歳

    王さまの願いをかなえ、町じゅうの人の仕事まで手伝っていた魔法使いのメルリック。ある日突然、魔法が使えなくなり、王さまや町の人たちも大混乱。

    何故、魔法が使えなくなったのか…。
    魔法を取り戻すために訪ねたところでメルリックが気付かされた事、それは、人々のために使っていたと思っていた魔法でしたが、人々は自分で出来る事さえもしなくなり、人々をダメにしているだけ。誰のためにもなっていなかったという事。

    この絵本、読んでいてドキッとするのは親の方かも知れません。

    子どものために…と何でも先回りしてやってあげていたら、子どもは成長しませんし、やってもらうのが当たり前になってしまいます。

    魔法を使うのは本当に必要な時だけでいいんですね…。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット