ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

オルゴールワールド」 みんなの声

オルゴールワールド 著:にしのあきひろ
出版社:幻冬舎
本体価格:\1,600+税
発行日:2012年11月
ISBN:9784344022751
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,498
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音楽が世界をつなぐ

    原案をタモリさんが作り
    お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんが書き上げた絵本です。

    物語は、現在から700年後の地球で
    5000メートル上空に住む人類と
    「森」とよばれる地上に生きる人類が
    音楽でつながるという壮大なものです。
    何十年単位で時間軸が変わっていくその表現が見事でうなりました。
    緻密なタッチの絵なので
    沢山の低学年に読み聞かせるには、すこし不向きかもしれませんが
    その分かり易い主題は
    我が家の小2の娘でも十分に理解できたようです。

    絵本それだけでも十分ですが
    ご本人のあとがきが、お笑いタレントならではのものに満ちていて
    読後感がまた味わい深いものになります。

    大人から子供まで
    じっくり向き合いたいと思える1冊です。

    掲載日:2013/04/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっくり見ながら 静かに読みたい。

    お笑い芸人 キングコングの
    にしのあきひろさんが描かれる絵は
    とても描写が細かく
    この白黒の世界は絵本というより
    美術 展覧会で味わう世界のようで驚きました。
    タモリさんが原案のストーリーとのこと。
    大人が静かに じっくりと読みたいお話でした。
    文字も小さく 絵も繊細なので
    時間のある時に丁寧に読むのがいいと思いました。
    絵本というには 子供よりも大人向けのような気がします。
    どのページもじっと眺めて読みました。

    掲載日:2017/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • テレビで紹介されていたので

    この絵本は、お笑い芸人のキングコングの西野さんが書かれた絵本です。とにかく絵が細かくて繊細でとってもきれいでした。見ていて絵画を見ている感じがしました。内容はろらの世界と地上の世界に人間が音楽でつながるというものだったのですが、うちに子にはちょっと難しかったみたいです。この絵本は大人が楽しめるものだと思いました。

    掲載日:2016/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット