十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぼくはたまごにいちゃん」 みんなの声

ぼくはたまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年03月29日
ISBN:9784790232704
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,065
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本から本への移行にも?

    息子がたまごにいちゃんの絵本が大好きなのですが、
    たまたま書店でこちらの本をみつけました。
    まさかの児童書(というのでしょうか?)で出ているなんて。
    絵本は1話しか入っていないのですが、こちらは3話入っていておとく。
    たくさんお話が聞けます。

    絵本とちょっと被った部分もあり、別の物語なのかな?

    絵本から文字の本へ移行するのにとてもいい導入になると思います。
    うちはまだまだ絵本ですが。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 割れるところまで見たかった

    殻を割るところまで見たかったそうで、読後不満をブーブー言ってました。
    なので、是非、たまごにいちゃんから、兄ちゃんになるまでを描いて欲しいです。
    ちょっと、想像より字が小さめですけど、絵がメインで、文字量自体は少ないので、息子は抵抗なく読めました。

    掲載日:2015/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三話収録

    この絵本には短いお話が三話入っていました。うちの子が一番気に入っていたのは、たまごにいちゃんのお父さんのお話でした。実はお父さんもたまごの期間が長かったとか。それを破ったきっかけはお母さんを助けるため!!ちょっとかっこいいストーリーにうちの子はニヤニヤしながら見ていました。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • おや?童話版?

    たまごにいちゃんは、シリーズ全部読んでるもん!って
    思っていたら、童話が出ていた!びっくり。
    表紙にお父さんもお母さんもいるではないですか。
    ちょっとずっしりと重い感じがしましたが、
    中身も結構ずっしり!
    「たまごにいちゃん」の「たまごでいること」への揺れ動く思いが
    ちりばめられていました。
    お父さんの秘話も出てきて、
    得した気分に。
    これを読んでから絵本を読んだらまた楽しめると思いますよ。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット