大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

墓場のあかちゃん」 みんなの声

墓場のあかちゃん 作:奥田 継夫
絵:関屋 敏隆
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\874+税
発行日:1994年03月
ISBN:9784477004501
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「墓場のあかちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 沖縄版「子育てゆうれい」

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    小学校中級以上向とある児童書で全部で31頁で、絵も沢山載っています。絵が2色刷りで暗く、しゃれこーべ顔の女の人の姿は怖かったです。
    題名は違いますが、各地に伝わる昔話「子育てゆうれい」の沖縄版ですね。沖縄の文化にも少し触れることが出来ました。
    怖いお話ではありますが、母親の立場で読んでみると、幽霊の母性愛の強さを感じ、また駄菓子屋のおばあさんが赤ちゃんを育てると言ってくれたことで、幽霊も成仏できると思い、安心しました。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわい話です

    「こそだてゆうれい」というお話しを語りで聞いたことがあります
    その話とよく似ています

    このお話しは 沖縄のおはなしです、おばあさんが子どもたちの好きなお菓子を売っていました
    ハチャグミというこめがし(こめをふくらませて 黒砂糖をかけたお菓子) 一つ 一円のハチャグミは子どもたちに人気でした

    おばあさんが夜寝ていると店の戸をたたく音がして 毎晩 やってくる女の人がいたのです

    おばあさんが女の人の後を付けていくと・・・・ シャレコーベような顔  こわ〜い!

    あかちゃんの声 本当にこわい お話しです

    美也子さんという女の人がおなかに赤ちゃんを宿していたけれども死んでしまって・・・
    自分の赤ちゃんを育てるために ハチャグミを買って赤ちゃんに食べさせて育てていたのです 

    母親の子を思う執念のようなものを感じました

    心残りな死にかただったのでしょう     子どもをみんなで育てて 供養をしたんだそうです
    母親の子どもを思う気持ちが よく分かります

    ハチャグミというお菓子今でも沖縄に有るのでしょうか?
    食べてみたいです
    それにしても 子育て幽霊に似ていました
    このお話の方が ちょっとこわい気がしました

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット