十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

白雪姫と七人の小人たち」 みんなの声

白雪姫と七人の小人たち 作:グリム
絵:ナンシー・エコーム・バーカート
訳:八木田 宜子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年
ISBN:9784572003614
評価スコア 4
評価ランキング 19,798
みんなの声 総数 3
「白雪姫と七人の小人たち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『白雪姫』をモチーフにして

    『白雪姫』はいろいろな人が絵本にしていますが、子どもに伝えるというよりも自分の世界に白雪姫の物語を取り込んで、個性とオリジナリティで別世界を創作している作家もいます。
    いわさきちひろ、アンジェラ・バレット、そして今回はナンシー・エコーム・バーカート。
    それほど、『白雪姫』は触発される物語なのでしょうか。
    バーカートの絵は、独自の舞台劇のようであり、白雪姫の物語をモチーフにした絵画集のようであり、少し魔力を感じるような奥深さを感じます。
    物語の展開にあえて距離を置いて、描かれた絵の中には様々な動物がいたリ、小人たちを個性的に描いて、単なる物語ではなく、何かを言いたげな描写が駆使されています。
    表紙の絵にしても、これが『白雪姫』?と思わせるし、魔法の鏡はタイトルページにしか描かれていません。
    物語と絵をあえて一緒にせず、今までみた『白雪姫』にはなかった重厚感。
    『白雪姫』がシンフォニーになったようで、圧巻でした。


    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見ごたえのある絵

    どのページも見ごたえのある美しさでしたが、なかでも国を俯瞰した絵が特に印象的でした。
    同じページに描かれたお妃の服の流れやひもにも目が惹きつけられました。
    いろいろな白雪姫がいてもいいと思いますが、この白雪姫は長く心に残りそうな気がしました。

    掲載日:2010/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと怖いよ。

    私が知っていた白雪姫とはずいぶん違い。。。ちょっと、怖い白雪姫でした・・・でも三歳の子供はなぜかとっても大好きで、いろいろ質問したり真剣な表情で聞いてくれます。白雪姫を殺そうと3回も試そうとしたこと、鉄のくつを熱くしたものを最後はおきさきが踊り死ぬまではかされているなんて、大人になって今はじめて知りました。
    最近の童話えほんはかわいく薄く作られてまんがちっくがおおいなか読むほうも真剣に読んで上げないといけない本でした。殺すやねたみそういう言葉がでてくるので安易に読むべきではないとおもいました。時間をかけなんどもなんどもよんであげて伝わってりるかどうかわかりませんが、意味を一生懸命教えるのに大変でした。

    掲載日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!


入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット