ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

なっちゃんが ちっちゃかったころの おはなし」 みんなの声

なっちゃんが ちっちゃかったころの おはなし 作:なべた けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2012年04月01日
評価スコア 3.43
評価ランキング 36,409
みんなの声 総数 6
「なっちゃんが ちっちゃかったころの おはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちっちゃくてビックリ

    この絵本、最初はファンタジーと思うような内容です。
    だってこんなにちっちゃく生まれるはずはないのだから。
    でもそのおおげさな感じが子どもたちには楽しいようで、何度も読んでと持ってきます。
    一番楽しそうに見ているのはキッチンでなっちゃんが遊ぶページと電車でおでかけするときにバッグに入っているページ。
    最終的にはなっちゃんはちゃんと大きくなって幼稚園に行きます。
    そこでようやくホッとした私(笑)。おもしろい絵本ですね。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に小さいですね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    上に3人のおにいちゃんを持つ女の子のなっちゃん。タイトル通りなっちゃんがちっちゃかったころのおはなしをおかあさんがしてくれます。
    ちっちゃかったころ…って本当に小さいですね。おやゆびひめみたいな大きさ?おーい、おかあさん!
    愛情は感じるお話でしたが。
    私も自分の子供たちを見ては本当に成長したなって日々感じます。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん…

    いくらなんでも、ちいさすぎかな〜という気はしました。
    おやゆび姫くらい??
    あまりにも飛躍しすぎな気が…。

    ちいさいことは悪いことじゃない。
    いろいろあったけど、こんなに大きくなったね。
    伝えたいことが、いまひとつ掴めない印象です。
    うーん…という気持ちが残ってしまうお話でした。

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正直なところ・・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    なっちゃんは3人のお兄ちゃんがいる末妹。なっちゃんは自分が小さかった頃のお話を聞くのが大好き。豆粒のようにちっちゃく生まれてきて、あんまり小さいんでお兄ちゃんたちはお菓子の箱でベッドを作った。お母さんのバッグのポケットに入ってお出かけして、洗い桶がプール代わり。
    でも今は大きくなったね!という流れだけど、小さかった頃の話をするのにここまで極端にする必要があるのかな?という印象が正直なところ。小さな妹を家族みんなでかわいがってきたということは伝わってくるけど・・・。
    世の中には本当に小さく生まれて、たくさん心配をなさっているお母さんやご家族もたくさんいると思うので、そういう方の目にはどう映るのかなと微かなモヤモヤが残りました。

    掲載日:2013/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 方言が新鮮

    3歳当時では自分で読むには少し大変だったようですが、馴染みのない方言が新鮮らしく、自分でも頑張って読んでいました。

    一番妹のなっちゃんが、赤ちゃんの頃から成長していくお話です。
    最初はまめっこのようにちっちゃくて、ベッドはお菓子の箱。
    少し大きくなっても、スプーンの代わりにみみかき。という風にありえない小ささではありますが、「ちっちゃすぎるよねぇ!」と言いながらも面白く読みました。

    親兄弟に愛されて大切にされてすくすく元気に育っていく様子が描かれた良い絵本だと思います。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長はあっという間

    表紙を見たときに

    おくるみに入った赤ちゃんがとっても小さかったので

    赤ちゃんは小さいものなんだよということを

    表してるのかなと思ったら、豆みたいに小さい赤ちゃんの

    お話でした。

    お菓子の箱に綿をしいてベットを作ったり、

    耳かきを短くきって小さなスプーンを作ったり、

    えっ?と驚くくらい小さな小さな女の子でした。

    最終的にはみんなと同じように大きくなりますが、

    あまりに小さかったので、ペットみたいな感じでした。

    文章が関西弁でしたが、子どもに通じなかったので

    あえて標準語で読みなおしました。

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット