ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おばけのはなし 1」 みんなの声

おばけのはなし 1 文:寺村 輝夫
画家:ヒサクニヒコ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1977年06月
ISBN:9784251060112
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,173
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖いもの見たさで大はまり。

    夏の終わりですが、おばけ好きの息子のために借りてみました。

    どうかな〜と読み聞かせをしてみた所、見事に大はまり。

    おばけのお話がいくつかに分かれており、一度にすべて読み聞かせをするのは大変なので、寝る前の読み聞かせの場合、3つお話を選んでもらい、読んであげています。

    6歳の息子は、目なしゆうれいが一番コワイと言っていました。

    女の影が描かれているページがドキドキする様で、そこの一部分だけ自分で読みたいと、声を低めのトーンにして怖い読み方をしていました。

    息子が見事にはまったので、次回おばけのはなし2を借りて読んであげようと思います。

    掲載日:2014/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    わたしも小さいころこの本を小学校の図書館で読みました。
    おばけは嫌いだったのですが
    この本は好きだったのを覚えています。
    来春に小学生になる息子に読んであげました。
    自分でも読めるのでしょうが、今回は私が読んであげました。
    いろんなおばけが短編で次々にでてきます。
    小学生むけのお話なのですが
    毎ページに挿絵もあり絵本になれている子にも読みやすいと思います。
    その挿絵も手加減なく怖かったりしておかしいです。

    掲載日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット