だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぶすのつぼ 日本の昔話」 みんなの声

ぶすのつぼ 日本の昔話 再話:日野 十成
絵:本間 利依
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2013年01月01日
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「ぶすのつぼ 日本の昔話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 狂言で ぶすの話はよく知っています
    こぞうさんのなまえも たろぼう じろぼう(たしか 太郎冠者・次郎冠者だったような)

    水飴を一人でなめている和尚さん
    うそをついて小僧さんを騙すのです
    「これはぶすといって おとながなめると からだによい くすりじゃが  こどもがなめると ひとくちで ころりと しんでしまう どくだ においをかいでも あぶない」こんなふうにだますのです

    たろぼう じろぼうもなかなか 賢いのですが

    和尚さんは自分がうそをついたから 「わしが ばちがあたったんじゃ」と反省するところが 
    仏につかえる 和尚ならではですね

    ぶすでしななくて よかったのう 

    本間さんの版画もなかなか良かったです

    掲載日:2013/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット