おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

アンデルセンの絵本 えんどうまめの上のおひめさま」 みんなの声

アンデルセンの絵本 えんどうまめの上のおひめさま 作:アンデルセン
絵:西巻 茅子
訳:角野 栄子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年
ISBN:9784097641087
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,395
みんなの声 総数 5
「アンデルセンの絵本 えんどうまめの上のおひめさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お姫様の基準?

    これって「ほんとうの ほんとうの おひめさま」なのでしょうか?
    私には、理解できませんでした。
    ハッピーエンドにはなっていますが、心から「良かったなぁ」と思える内容ではなかったと思います。
    アンデルセンは、こういったお話も書いていたのですね。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらららら

    今まで読んだアンデルセン童話の中で、なんとシンプルなお話でしょうか。
    お話のディテイルや感情部分がザックリとはしょられて、要旨だけ。
    それだけに、なんだか「あらららら」という感じです。

    「ほんとうのほんとうのお姫様」ってえんどう豆でわかるのでしょうか。
    王子様の探した「ほんとうのほんとうのお姫様」は、この人でいいの?
    自ら「わたしがほんとうのほんとうのお姫様」だと登場した女の人。
    けっこうな売り込みです。
    それから「ほんとうのほんとうのお姫様」かどうかを確かめるために、お妃様は変わったテストを行います。
    20枚の敷布団の上に20枚の羽根布団を乗せて、その上で眠れだなんて。

    結局、「こんなんでいいの?」とツッコミを入れたくなったのですが、軽く読めるお話ではありました。

    掲載日:2012/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃好きだった話

    子どもの頃に買ってもらったのがアンデルセンの童話集でこの話も収録されていました。

    繰り返し出てくる「ほんとうのおひめさま」という言葉。

    子ども心に「ほんとうのおひめさま」は何枚ものお布団の上で眠っても下にあるえんどうまめがわかってすごいと、物事の本質がわかるってこういうことなのかな?と思ったものでした。

    ストーリーテリングで最初に覚えたのもこの話ですごく好きだったんです。

    絵本だと話が脚色されていることがありますが、この絵本は原作どおりでした。

    「ほんとうのおひめさま」を怪しむおきさきの値踏みをするような目と、おひめさまの毅然とした姿勢。

    西巻さんが描くとこんな風な世界になるんだなあと思いました。

    掲載日:2012/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 礼儀知らずにしか思えないのですが?

    アンデルセンのお話で、結構有名な話ですよね。いろいろな本にも出ていますし、人気のあるほうの話だと思います。

    本当のお姫様を妻にしたい王子は、どの姫が本当の姫か分からない。あるとき、泊めて欲しいと訪ねてきた女性が自分こそ本物のお姫様だと言う。王子の母は小さな豆の上にたくさん布団をしいたベッドで寝せます。翌日、よく眠れたか聞くと「(ごつごつして)体が痛くて寝れなかった」と。それで、これこそ本当のお姫様だと言う話になります。

    でも、本当のお姫様が何も理由なく城にいきなり泊めてもらいに来ますか?
    何の理由もなく泊めてくれた人に、もてなされているのに豆一粒のことで文句を言いますか?

    私は納得いきません。どちらかというと、まずいものを出されて薄い布団で眠らされても、「美味しかったです」「おかげさまでよく眠れました」とうそでも言うほうがお姫様だと思います。これではただの我がままお嬢様だと思いますね。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンデレラストーリー

    有名なアンデルセンのお姫さまストーリー。
    『のはらひめ』(中川ちひろ)にも出てきており、何年ものはらひめ大好きの娘にはおなじみでした。

    雷と共に、私がほんとうのほんとうのおひめさまと城をアポなし訪問するお姫さまが、すんなりプリンセスの座を射止めるところなど、ディズニーシンデレラにも通ずるものがあるなと心内でツッコミながら、楽しく読みました。
    娘は周囲に花を散らしながらララララ〜♪と我が世界で聞いていました。
    翌日には写し絵していました。

    ただ6歳の娘にはちょっと文章が少なすぎたかな。もっと世界が深くてもいいような気がしました。
    お姫さまに目覚める3歳ぐらいから楽しめるかも。

    掲載日:2009/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット