モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

くさのなかのおひめさま」 みんなの声

くさのなかのおひめさま 絵:シーグルン・セービュ・カプスベルゲル
訳:中川あゆみ
再話:アスビョルンセン
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年
ISBN:9784883301195
評価スコア 4
評価ランキング 18,977
みんなの声 総数 4
「くさのなかのおひめさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 原作が気になる作品。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    こちらの作品は、再話という事で、ワタクシは原作を知らないのですが、12人もいる王子さま達の中の末の王子さまの花嫁探しの旅にワクワクさせて頂きました(o^_^o)
    お姫さまもお姫さまの乗った乗り物にもビックリ!!!こんな乗り物に乗ったお姫さまは初めて見ました(☆o☆)とても可愛らしいのですよ♪
    ただ、湖の主が登場した後のお話の展開が急すぎて、解りにくかったように感じました(..;)
    原作とは違うのでしょうか?!気になる作品です(^_^;)
    イラストはメルヘンちっくで素敵な作品でしたので、女の子にお薦めの夢のある絵本です♪

    掲載日:2006/07/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • ノルウェーの昔話だそうですが、王子たちが父王の命令で、1日で服を作れる花嫁を探しにいきます。でも足手まといの末っ子をおいていったところ、末っ子は泣いてしまい、そこへとおりかかった妖精?小人?がお姫様に会わせます。「旅を続けるのがいやだから結婚してください」と求婚して、シャツを王に渡します。でも小人なので、シャツも小さい。王はしかしなぜか許可をし、末っ子を花嫁を連れに行くと、湖にうっかり落ちた姫が、なぜか湖の主に拾われたときには大きくなって最初より美しくなっている。王子達が花嫁を連れてくるが、みんな汚れて醜い女ばかりで、末っ子だけが美女の花嫁。王は他の王子達をうとんで追い払い、末っ子夫婦だけが幸せに豊かに暮らす。

    まず、末っ子はすぐ泣くのがいまいち。そして求婚も愛情とかではなく妥協のような申し込み方。これでOKを出すお姫様も不思議です。お姫様に親はいないのかしら?そして姫が湖に落ちたときにも、手を伸ばそうともせずにただおろおろする末っ子が情けない、、、、。主に救われてどうして大きくなるのかも分からないし、元より美しくなる必要ってあるんだろうか?ヨーロッパなんかの童話だと、もともと顔だけ醜く心が美しい場合はそういうこともあるけれど、特に不細工だったという記述もないのにもとより良くなる必要があるんだろうか。そして、おろおろするだけの末っ子王子に愛想をつかしもせずに、主にあまり感謝したシーンもなく王のもとへ行くところもなんだか物足りない。そして花嫁が醜いからと他の兄王子たちをうとんで城から追い払う王も、子捨てに通じるので親としてもいただけないし、美醜で判断するところも教育上いただけない気がします。

    納得いかない部分が多いです。娘には顔だけで判断しちゃだめよ、と補足で教育しながら読みました。

    ただ、こういう話があるんだよ、というのを知るために読むのもいいとは思いました。それと、兄たちが末っ子を置き去りにするのはあまり良くはないので、そういう意味ではバチがあたったという教訓にはなるかと思います。バチが厳しすぎるきらいはありますが。

    なので、良いところと納得いかないところがあり、トータルでは3つ☆にしました。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • ノルウェーの昔話

    昔話でめでたし、めでたしが大好きな私です。12人の末っ子に生まれ、11人の兄さんからいじめられて育った末っ子のはいまみれですが、草の中の御姫様を迎えて幸せに暮らせたお話でした。小さな御姫様が作ったシャツはとても可愛いシャツに王様はきっと優しさやはいまみれの子供の頃を思い出されたに違いありません。お兄さんたちにいじめられながらも立派に成長したなあと感激されたのだと思いました。最後の結びの言葉、「もし まだ しんでいなければ、いまも いきている
    はずですよ。」の結びに余韻が残り、ハッピーエンドだけに嬉しさが倍増しました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北欧の昔話

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    これはノルウェーのおはなしですが、フィンランドの「森の花嫁」とよく似ています。
    北欧の昔話は、ふしぎな妖精のような、海や湖や森の主が出てきます。
    絵が、北欧のイメージを伝えてくれます。
    この絵本のような世界に憧れた少女時代を思い出します。

    いじわるなお兄さんたちの花嫁は醜くいじわるといった、善悪がはっきりしているところが、
    生活経験の少ない子どもたちには分かりやすくていいです。

    掲載日:2007/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット