宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

くまのぼりす」 みんなの声

くまのぼりす 文・絵:ディック・ブルーナ
訳:まつおか きょうこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2013年04月10日
ISBN:9784834027914
評価スコア 3.4
評価ランキング 41,242
みんなの声 総数 4
「くまのぼりす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まだ早かったみたい

    可愛らしいクマの子のお話。
    絵の変化が小さいので、0歳の我が子にはまだ楽しみかたがよくわからないようでした。
    ストーリーを楽しめるようになってから、
    あるいは自分で字を読む楽しさを覚えてから、読んだ方が楽しめるかも?

    投稿日:2013/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 暖炉を温かくするために

    くまのボリス君の冬支度が描かれています。
    簡単な絵本ですが、ちいさい人たちによくわかるように
    描かれていると思います。
    暖炉を温かくするために森に木を拾いに行きます。
    小さく切って、積み上げて乾燥させておかないと使えません。
    働いた後は汗をかいてシャワーで体をきれいにするのが大切です。
    食べること、本を読むこと、小さな絵本に生活が詰まっています。

    投稿日:2018/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたらきもの

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    息子が選んで借りてきました。

    働き者のくまのぼりすのお話で、
    淡々と働く感じが木こりを思わせます。

    とくにこれといった展開もなく、
    私はあまり引き込まれませんでしたが、
    常にこちらに顔を向けてくれている安心感と
    はっきりした色づかいは子どもにはいいんでしょうね。

    投稿日:2016/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボリスの一日

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    うさこちゃんが好きなのでこちらも読んでみました。
    くまのぼりすもかわいいですね。
    うさこちゃんは女の子ですが、こちらのぼりすくんは男の子です。
    冬の準備をするぼりすの一日なのですが、絵や色が温かさを感じる絵本でした。
    やっぱりブルーナさんの絵本って好きです。

    投稿日:2015/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / ふしぎなたまご / タンゲくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

全ページためしよみ
年齢別絵本セット