ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
(予告)ばけたくんの限定スタンプ、プレゼントやります!

はだかのサイ」 みんなの声

はだかのサイ 作:ミヒャエル・エンデ
絵:ヨッヘン・シュトゥーアマン
訳:佐々木 田鶴子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年04月
ISBN:9784577041024
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,432
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きなお話

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    大きなテーマのあるお話です。ミヒャエル・エンデの作だと知って読んでみました。
    乱暴者で孤独なサイの姿にも、周りの動物たちの姿にもいろいろ考えさせられます。オチもすごいです。ストーリーもさることながら、絵も素晴らしい。ユニークで美しい絵です。価値ある一冊だと思います。
    少し長くて難しいので、小学生以上がいいかと思います。読んであげれば幼稚園年長児ならいけるかな。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一本の映画を見たような

    一本の映画を見たような気持ちでした。

    とても文字の多い絵本なので、
    小学校中学年以上に向いていると思います。

    ただし、おはなしの内容は比較的分かりやすいので
    うまく省略出来れば 読み聞かせることも、可能かもしれません。


    自分以外を敵とみなし、横暴にふるまうサイ。

    周りの動物に倒されるなどの 悲しい結末になるとは予想していましたが、
    この結末は、それ以上に残酷だと思いました。

    自分だけが大切だという考え、
    周りを信頼しない気持ちが、悲劇を招きました。

    考えさせられる物語です。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きなテーマ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    寝る前の読み聞かせに3日にわたって読みました。
    結構内容が多くかつ深いので
    結局3日に分けて読むことになってしまいました。

    いつも威張ってばかりいるサイがいました。
    自分は偉いんだと「おれさまおれさま」という自己顕示欲が
    あふれんばかりでした。
    周りの動物たちは辟易してドラサイの周りから逃げていきました。
    そして一人ぼっちになりました。
    それでも自分について省みることなく頑固に生きていきます。
    そして最後にはヨロイのしたがわからぽっとぬけおちて
    はだかんぼうのドラサイになるのです。ヨロイだけが
    勇ましく残るのです。
    そしてはだかんぼうのサイは自分の姿を外から見ると
    あまりに恐ろしく逃げていくのです。

    このお話が伝えることはなんなのか、
    ヨロイとは何なのか?はだかのサイは誰なのか?
    何がいけなかったのか?
    6歳の息子を前にいろんなものが象徴していることを
    話してしまってはもったいない感じがして
    読んだ後何もお話をこちらからはしませんでした。
    小学生になってこのお話の不思議なストーリーの背後にある
    作者の気持ちや主張に気が付くようになったとき
    大きいテーマの絵本だなと再度噛みしめてよんでほしいなと
    思いました。6歳の子でも拍子抜けするほどの
    想定外の結末に大満足でした

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 孤高の独裁者というのでしょうか、愚かな独善者というのでしょうか、想定外のエンディングで目にした、動物たちから恐れられていたサイの意外な本性に、なんだか憐れみさえ感じてしまいました。
    主人公のドラサイにとって2本のツノはなんだったのでしょうか?
    鎧のような皮はなんだったのでしょうか?
    そんなもののために、サイは攻撃的であり気性も荒くなったのではないかと感じました。
    動物たちが去った後、相手がいない世界で、サイは支配者であるための条件として自らが銅像となることを目指します。
    身動きのできない状態、自らが銅像を倒してしまうかもしれないという状況に、サイは本当の自分を見つけます。
    愚かであるいうのは簡単ですが、エンデの寓話はかなり複雑です。
    シュトゥーアマンの絵が、難解に陥りそうな物語をユーモアで包んでいます。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット