おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

睡蓮の池 ステフィとネッリの物語」 みんなの声

睡蓮の池 ステフィとネッリの物語 著:アニカ・トール
訳:菱木 晃子
出版社:新宿書房
本体価格:\2,000+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784880083865
評価スコア 4
評価ランキング 22,374
みんなの声 総数 1
「睡蓮の池 ステフィとネッリの物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 見守ってくれる人たち

    中学進学ができることになったステフィは、医師の家に下宿することになります。

    ウィーンでは医師の娘だったのに、ここでは下宿人として時には使用人のように扱われることもあり、プライドの高いステフィは屈辱を受けます。

    13歳の子が親元を離れてしかもユダヤ人であるので両親の安否を気遣いながら、よその家庭で暮らすということ、そして暮らす場所で一からスウェーデン語を勉強したということ、並々ならない苦労と忍従をステフィが背負っていることを思い、親の気持ちで読んでしまう場面がありました。

    何かあってもすべてを話すわけにいかない少女がどのように時々の自分の気持ちを処理していったかということです。

    そんな中でも新生活の中で芽生えた友情と初恋、島の養父母だけでなくステフィに信頼を寄せるマイやビョルク先生たち。

    ステフィのことを思いやってくれる人々が少しずつ増えてきたことに安心しながらも、ウィーンで暮らすステフィの両親の状況はますます厳しいものになっていくことに心を痛めて読んでいました。

    さて、次は三巻目。読み進むほどにステフィのことがどんどん好きになっていくのを感じます。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット