だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

かえるののどあめやさん」 みんなの声

かえるののどあめやさん 作:戸田 和代
絵:よしおかひろこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年
ISBN:9784265034949
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,093
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • やさしいかえるさん

    雨上がりしか開店しないのどあめやさん。
    絵本を読みながら、どの子も行ってみたく
    なっていました。

    何か足りない、何か??
    みんなで考えながら読みましたが
    教えてくれたのは、邪魔をしていると
    思っていたうさぎぎくさんでした。

    うさぎぎくさんに赤ちゃんが産まれるのを
    とっても喜んでいたかえるさんが、とっても
    優しくかわいらしかったです。

    そして、うさぎぎくさんのベビーベッドに飾られた
    お人形が何気にかわいらしかったです。

    最後すぐに売り切れてしまった
    かえるののどあめやさんに
    「あ〜あ〜」と残念がっていた子どもたちも
    かわいらしかったです。

    楽しく歌って飴作りする、かえるさんを
    子どもたちはとっても気に入っていました。

    掲載日:2007/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 飴だけに雨!

    かえるののどあめやさんが開店するのは、雨がふった後だけ。
    だって、原材料が“あまつぶ”だから!!

    評判ののどあめやさん。きっと、すごく腕のいい職人なんだろうな〜って。
    でも、今日は何度やってもうまくいかない…。
    妥協しないところに、職人気質を感じました!

    どんなことでも、スランプを感じる時期はある。
    スランプから抜け出すための極意。
    この、のどあめやさんを見て、大切なことに気づきました!

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になることだらけ

    かえるとのどあめの組み合わせ、気になりました。

    あめじゃなくて、なんでのどあめかも気になりました。

    そんなこんなでこの絵本を読みました。

    うさぎぎくさんというのが出てくるんですが、

    これはうさぎなのか何なのか、ちょっと微妙です。

    しかもうさぎぎくさんって発音しにくいのに

    何回も出てくるので苦戦しました。

    表紙が表と裏でつながった絵になっています。

    こういうのって意外と子供うけ、いいですよね。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせ会で読みました

    • がぁこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    梅雨入り宣言があった直後に行われた小学校3年生への
    読み聞かせボランティアで読み聞かせました。
    はじめは小3の子達には少し幼すぎる内容かな?とも
    思いましたが、時間の制限があり10分と短めなので
    このくらいのボリュームで丁度良かったです。

    絵もかわいらしくて、隅々までのどあめ屋さんの
    材料が細かく書かれていて本の内容だけでなく絵も
    楽しめます。

    ほそほそ。とかときとき。と独特の擬声語が印象的でした

    ほ〜い、ほいとリズムをつけて読むところは
    子どもの前では少し恥ずかしかったですが
    子どもは真剣なまなざしで絵本と私の声に
    集中していてくれました。

    いつも閉まっているかえるののどあめ屋さん
    次にお店が開くのはいつかな〜

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもの調子のいい○○!

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    雨があがった時だけしか開店しないかえるのあめだまやさん。
    その理由は、雨粒がいっぱい入ったなべをわかして、
    お砂糖や草の実を入れて作るから。

    でも、いつもとなにか足りない・・・なにが?

    かえるのもとにやってきたうさぎぎくさんとの会話がもとで、
    見つけたもの。
    それは、意外なスパイスでした。

    なるほど〜。
    作り手側の気持ち一つで、料理は、美味しくもまずくもなるのでしょうね。

    今週は雨が降らないので、開店休業?
    早く、雨が降らないかな〜。

    かえるののどあめやさん、美味しいのど飴待ってます♪

    掲載日:2013/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのしたお話

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    なんだか調子の出ないかえるさんが
    元気になったきっかけがほのぼのしていていいな、と思いました。
    いろんなのどあめがあって子供たちも楽しかったようです。
    「にがい味ののどあめはイヤだ〜」と言っていました。

    我が家は、『かえるのうやめしやさん』を先に読んでしまったのですが、
    ちゃんと話が続いているようなので、
    『かえるのかさやさん』から順番に読むと良いのではないかと思います。

    とにかく絵がかわいいので、子供たちは気に入った様子でした。

    掲載日:2013/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 沢山の飴

    雨が降った日しか、開かない「かえるののどあめやさん」。

    飴は沢山の種類があって、子供達も「食べてみたい〜」の連発でした。
    絵も可愛くて、何度も何度も読みました。

    他のシリーズの本も読みたくなりました。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • スパイス

    • リーパンダさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    梅雨時に読む絵本として紹介していたので
    子供が手に取った絵本です。
    憂鬱な雨も、のど飴やさんには必要なのかもしれないと思うと
    気もまぎれます。

    今回のかえるさんは、なかなか納得いくものが作れないんです。
    最後に気がついたスパイスには、驚きでした。
    でも、子供たちもこれならいつでもおいしいものが作れそう!
    と、言っていました。
    作る人の気持ち一つで、おいしくなるなんて
    私も学ばされました。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛のスパイス

    やっぱりお料理もそうだけれど、美味しく食べてもらう為にお料理を

    その人の為に美味しく食べてもらいたいと言う愛のスパイスが必要だ

    と思いました。かえるさんは、いつもの調子のいい鼻歌だったんですね

    自分も楽しくなければ、美味しいものが作れないような気がしました。

    うさぎぎくさんもかえるさんの作った美味しいのど飴をなめて子守唄を

    歌えばお腹の赤ちゃんだって安心して安らげると思いました。

    孫のママは、お腹の中にいる間は孫の為に美味しく頂いていましたね!

    お陰で食いしん坊さんになったのか、お腹の中でも口をぱくぱくしてい

    た孫をみることが出来て嬉しかった思い出があります。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しそう

    美味しそうな表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。特に沢山の種類の飴が登場するので良かったです。主人公が営利目的だけのために働いていないのがかっこよいと思いました。お客さんから愛されて店を営めるなんて幸せ者だと思いました。色々な材料を使って実験しながら作るのに職人魂を感じました。努力を惜しまないのが素晴らしいと思いました。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット