大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

きょうりゅうの おおきさって どれくらい?」 みんなの声

きょうりゅうの おおきさって どれくらい? 作:大島 英太郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2013年03月
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,478
みんなの声 総数 8
「きょうりゅうの おおきさって どれくらい?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 恐竜の大きさがよく分かる

    買った当時は、まぁたまに読む程度でしたが、今は恐竜にハマっているので1人で読んでいます。
    恐竜の大きさは、全長何メートルで、とか言われても想像出来ないですよね?大人でも、何と無くわかるような?子供には、全く伝わらない。
    でも、この本では、公園のこの遊具くらいだよ、とか、信号くらいだよ、と言った具合に比較対象が身近で馴染みのあるものが多いので、幼児も容易に想像出来ます。
    リアルな大きさがよく分かるのでとても面白いです。

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像してみよう!

    きょうりゅう好きの甥っ子と一緒に読みました!

    図鑑などでよく、きょうりゅうの大きさを人間や他の生物と比べていたりしますよね。

    でもこの絵本は公園の遊具やバス、ゾウなど、普段からよく知っている物できょうりゅうの大きさを表しているので、より想像しやすくて、とてもおもしろかったです!

    きょうりゅうの頭が自分の部屋くらい…なんて表現もユニークで、想像せずにはいられませんっ!

    甥っ子もニヤニヤしながら見ていました。
    きっと頭の中でよく行く公園にきょうりゅうを思い浮かべたりしていたんだと思います(笑)

    掲載日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっきい!

    きょうりゅうの大きさってどのくらいかなかなか
    実感できないと思うのです。
    だけど、この絵本は、日常の暮らしの中にきょうりゅうを
    配置してみせてくれていますので、ほんとに小さな子どもでも
    わかると思います。こんなのがどーんといたらびっくりするよね。
    娘も普通に楽しんでいましたが、実際にいたら、絶対怖がる
    だろうなあ(笑。怖がりなので)。
    きょうりゅうマニアの男子と一緒に読んだらきっと楽しい
    だろうなあって思いました。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもってたのとちがう!?

    「恐竜って、とっても大きいんですよ!」
    「恐竜の大きさは、○○メートルです!!」
    そんなこと言われても、いまひとつピンときません。

    でも、この本みたいに現代の町の風景に 恐竜を置いてみたら…!!!
    「おおっ☆、ジャングルジムとおなじくらいか〜」
    自分たちが、普段見て触れているものだから、リアルに伝わってきます。
    それだけに娘は、「え〜っ、おもってたのとちがう〜。もっともっと、おおきいとおもってた〜」って言ってました(笑)

    恐竜のおおきさって、本によって違ったりしますが、それもまた人間とは違う時代に生きていた証だなって、夢が膨らみます。
    「なんでそんなことがわかるんだろう?もしかしたら、別の真実が隠されているのかも!」
    もっともっと知りたくなる一冊です!

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもでも非常にわかりやすい

    2歳11か月の、最近恐竜に興味が出ているのだけれど、ちょっと怖い…という息子に図書館で借りてみました。

    恐竜の大きさのみに焦点を絞って、身の回りにある公園や自宅など、具体的にわかりやすいスケールで描いた絵本。
    2歳の息子でもよくわかったみたいです。

    そして、食べたり食べられたりすることがなかったので
    息子もストレスフリーで読めたようでした。

    掲載日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児にも分かりやすい

    恐竜がもしいたら、どれ位の大きさだったか、という内容です。恐竜たちが、子供に馴染みが深い公園にいたら、乗ってみたら、町の中にいたら、部屋の中にいたら、とその大きさが分かりやすく比べられてます。うちの息子には何度も読ませられました。大きい恐竜だけでなく、部屋で飼えるような小さい恐竜も出てきます。想像力がかきたてられる本です。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な恐竜

    恐竜の復元を博物館で見て、大きいなと感じたことがありましたが。
    恐竜にも大きいものもいれば、小さいものもいるということが
    身近なものと比べて比較できて面白いです。
    一番驚いたのは、大きな恐竜の顔。今、寝ながら絵本を読んでいる
    2階の部屋に首を突っ込まれたら・・・こんなに大きいんだねと
    想像できます。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今、この部屋に恐竜がいたら・・・

    評価は9歳の恐竜好きな息子がつけました。小さい頃から工事車両図録と同じくらい恐竜図鑑を見てきた息子。もしも、いつも遊んでいる公園に恐竜がいたら・・・・どんな大きさだろう。考えただけでもうウキウキ・ワクワク・ドキドキするようだ。いつも歩いている駅前大通りにティラノサウルスが歩いたら、信号機と同じくらいの高さで、後ろ足は大きいのに、前足はこんなに小さいのか・・・なんて今の今、恐竜がいたらの話でとても分かり易いのでしょう。そして一緒に遊んだりすることを想像しながら、読み進められるのでお気に入りの1冊になったようです。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット