十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

りんごかもしれない」 みんなの声

りんごかもしれない 作:ヨシタケシンスケ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年04月25日
ISBN:9784893095626
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,678
みんなの声 総数 66
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

66件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 1年生に大ウケ

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    読み聞かせボランティアメンバーが、1年生の教室で読みました。
    持ち時間10分で2冊読むうちの1冊。
    丁寧に読んだら10分以上かかりそうだけど、どうやって読むのかなと思いつつ見学させてもらいました。

    クラスの大半の子が、「知ってる!」「読んだことある!」と言いながらも、面白いから読んで欲しい、まだ読んだことのないお友だちにも、この面白さを知ってほしいという期待にみちあふれていました。
    1ページ、1ページに笑ったり、一言一言にツッコミを入れたりして、楽しんでいるようでした。

    途中の「かみのけとかぼうし」などの細かくて詳しい内容は、いくつかピックアップして、読み進めていました。
    なるほど、読んだことがある子は全部読んでもらわなくても知っているし、そもそも遠目にはよくわからない部分もありますから、次のページにいったほうが飽きないわけです。
    何度読んでも面白くて、1人で読んでも楽しめるし、みんな一緒の場で読んでもらっても盛り上がる絵本でした。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思うことはまずないでしょう。しかし想像力の許す限り、それが、りんごかも知れないし、りんごではないかも知れない可能性を絵で具現化したとも言えるこの本は、皆さん是非一度手に取って読んでみた方がいいと思います。だって見てるだけで楽しいから。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 後引く面白さ

    本屋で絵のかわいさに惹かれて読んでみると「何この絵本!?」ってかんじの新しい面白さでした。

    家に帰って息子に読んであげたらその面白さに二人でゲラゲラ笑いました。特にりんごの50音変換が二人のお気に入りでしばらく口癖のように言っていました。
    りんごって自分がりんごって思ってるだけで実は違うのかもしれないっていう発想がとってもユニークで、こんなに笑える絵本は初めてでした。
    ちょっと見方を変えるだけでりんごがこんなにも面白いものに変わるんだなって驚きました。

    この絵本を読んで以来、りんごを見るといろんな角度から眺めてしまうようになりました。

    掲載日:2014/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ・・・かもしれない

    話題の絵本として、どの書店でもピックアップされていました。

    手にとって読んでみると・・・

    なるほど!本屋さんが選んだことにも、納得です。

    物語ではないので、小さな子には少し難しいかもしれませんが
    ただのりんごを、「ただのりんご」と決め付けるのではなく
    「・・・かもしれない」と想像を巡らすところに感心しました。

    想像力が膨らむ絵本です。

    掲載日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • はまってます。

    図書館で借りてきたのですが娘がはまってます。
    ちょい斜め目線で見る感じがとても面白いようです。
    自分も小さい頃「もしかしたらこの世界はにせものかも知れない・・・」(TへT)と考えてたころを思い出しました(笑)
    終始りんごについて考察するところが笑えてある意味考えさせられる微妙なバランスがとてもいい本です。
    小学生ぐらいだととても楽しめる本だと思います。MOEの絵本大賞1位になったということもうなずけます。ぜひ「バナナかもしれない」も出たら読んでみたいです。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 発想がいっぱい。

    りんご…「じゃないかもしれない」という前提で書かれた絵本です。
    よくこれだけ思いついたなと感心するくらいの、「じゃないかもしれない」可能性。
    息子は「プッ」と吹き出しながら聞いていました。
    頭の中が柔軟になりそうな一冊でした。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな見方

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    男の子がりんごについていろいろ考えるお話です。
    りんご一つでここまで話を膨らませることが出来るなんてすごいと思いました。なるほどーと思えるアイデアばかりでした。主人公の男の子は生きるのが難しそう(笑)、でも楽しそう。
    ヨシタケさんの絵本はどれも、いろいろ考えさせられます。そしておもしろいです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり普通のりんごかも

    りんごについての、たくさんの可能性が書かれていて、
    もしも子供がこんな風に一人で考えていたらすごいなと感じました。
    ものごとのあらゆる面と可能性を考えてみるという発想は、素晴らしいですね。
    リンゴが、人やどうぶつにとって代わるなんていうのは、ちょっとこわかったりしますが、どの発想もなかなか面白かったです。
    散々考えたところで、普通のりんごかもと食べる終わり方もよかったです。

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本を書いた人は天才だ

    人に勧められてというより大好きな友達に勧められました。

    その友達によるとこの1冊が後を引きシリーズ化してしまい、

    もう1冊、もう1冊とただ”面白い”だけで1400円を支払う

    だろうかと、、、、、、。

    私は狐につままれた感で聞いていましたが早速その友達を

    信じることにして1冊購入してみることにしました。

    その内容は、、、、、、購入してのお楽しみ!

    あなたも信じてみては?????

    掲載日:2016/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめます。

    娘が3歳の時、初めて「これがほしい」と
    選んだ本です。

    内容的にちょっと難しいかな〜と迷ったのですが、
    「どうしてもこれがほしい」と言うので購入、
    しばらくの間、この本ばかり「読んで」というほど、
    お気に入りの1冊になりました。

    「りんご」というテーマで、
    これだけたくさんのネタが書けるのがすごいと
    思います。

    「りんごの兄弟」が登場するページは、
    子どもが夢中になりすぎて(笑)、
    しばらく次のページに進めないほど、
    おもしろいようです。

    文章も絵もぎっしり書いてあるので、
    読み聞かせに時間はかかりますが、
    大人も楽しめる内容で、
    おすすめの1冊です。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

66件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / キャベツくん / からたちばやしのてんとうむし / クリスマスのふしぎなはこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット