もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

マールとおばあちゃん」 みんなの声

マールとおばあちゃん 作:ティヌ・モルティール
絵:カーティエ・ヴェルメール
訳:江國 香織
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年04月25日
ISBN:9784893095671
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な余韻

    美しい絵と、江國香織さんの訳というのに興味を持って、読みました。仲良しだった少女マールとおばあちゃんの、強い絆が美しく描かれています。
    現実と空想が入り交じった感じで始まる不思議な世界。老いや死という重いテーマだったので、娘はまだ分からないことが多かったと思うのですが、私は考えさせられることもあり、お話に大いに引き込まれました。読み終わった後も、余韻が残って、しばらく絵本の世界にいるような感覚に陥ります。大人にオススメの絵本です。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばあちゃんと孫の良い関係

    おばあちゃんと孫という距離感や相性の良さというものもあるかもしれません。

    ともすると深刻な状況にも陥りやすい内容なのに、さらっとした感じでおばあちゃんが変わっても良い関係は相変わらず続いている様子が微笑ましくさえ感じる場面がありました。

    これが母と娘という関係だったらこんな風にはすぐに状況を受け止められないかもと。

    そんな風に思うのも、私の母も状態の違いこそあれ、晩年の何年かは他の人とは非常にコミニュケーションがとりづらいことがあり、実の娘である私もその対応に苦慮することがあったので、そんな時の母と重ね合わせて読んだ部分もあるのかも。

    相手に寄りそうというのは口で言うのは簡単だが、行動としてやってみるのはなかなか。

    「おばあちゃんがポテトをほしがっているときに、スープをあげてしまったりするのです」というのは、この絵本に描かれているおばあちゃんだけでなく、健常者の子どもに対してもやってしまっているかもしれないとも思いました。

    「ゆっくり、注意深く聞くことが大事なのです」は、このおばあちゃんだけでなく、すべての人に当てはまることなのかもしれないとも。

    子どもは経験は浅くても本質的なことはよくわかっているように、何が大事なのかということがとても伝わってくる絵本だと思いました。

    絵がとても美しくてその美しさにも惹かれました。

    掲載日:2013/05/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 泣けました

    このお話は、マールという主人公の女の子はおばあちゃんと息がぴったりでとっても仲良しだったのにある日、そのおばちゃんが倒れて以前のように二人で遊ぶ事が出来なくなってしまって、そんな状況になった時のマールと周りの人たちの気持ちの変化を描いていました。うちの子はおばあちゃんの病気がよく理解できなかったみたいで分かっていなかったのですが、悲しい事だとは理解できたみたいです。私は悲しくて泣けました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット