ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

もうすぐ飛べる!」 みんなの声

もうすぐ飛べる! 作:越水利江子
絵:津田真帆
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,238+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784477011356
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「もうすぐ飛べる!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いじめは戦争への道

    このお話は25年も続いた『あかさか新聞』という小学校の学級新聞から生まれたそうです。
    「いじめ」のきっかっけは、きっとこんな些細なことから始まってしまうのかもしれませんね
    本当に苦しんでいる子供は、親にも先生にも相談できない心境であることが、このお話を読んで伝わってきます
    大人たちはそんな子供の気持ちに、まったく気づいてあげることが出来ないのでしょうか・・・・
    今はテレビやニュースで「いじめ」が「自殺」に結びついて報道されていますが、「自殺」に追い込むまで気づかないことが残念でたまりません
    主人公の春海は自分の姿を、巣から落ちたゴイサギのヒナに重ね合わせ自力で羽ばたいていこうとする強い姿を見せてくれます
    その陰には、たった一人、自分を認めてくれた友人の存在がありました
    ポイントはここでしょうか・・・・
    本書の末尾に『あかさか新聞』発行人の赤坂さんの「いじめは戦争への道」という言葉が深く心に残りました

    掲載日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット