なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

はじめましてスミレひめよ」 みんなの声

はじめましてスミレひめよ 作:ハ−ウィン・オラム
絵:スーザン・バーレイ
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年
ISBN:9784566006294
評価スコア 4.73
評価ランキング 964
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 娘を見ているようで

     おてんばで、好奇心・独立心旺盛な娘は、スミレひめにそっくり! なんだか娘を見ているようで、笑っちゃいました。(娘ならやりかねない、と思いながら・・・) 
     
     でも、このスミレひめ、機転も利いて、とっても賢いんですよ。悪い猫に捕まってしまいますが、ちゃんと自分の知恵で難を切り抜けるところは、お見事! 

     嬉しすぎて、ついお菓子を食べ過ぎちゃったところは、やっぱり子どもですけどね。それもご愛嬌。娘は、お菓子の山を前に、とろけそうな表情をしていましたが、最終ページでは、「え〜、6個も食べるの? 食べすぎだよ〜!」と、姫に向かって注意をしていました。

     「スミレひめのにわづくり」もお薦めです。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • お転婆お姫様

    このお話の主人公はとってもお転婆なお姫様でした。お城から一歩も出たことがないので、外への興味がすごくあるお姫様はある日お城をこっそり抜け出し街へ繰り出すのです。でも、悪猫に捕まってしまって大変な目に合うのですが、本人はあっけらかんとして堂々としたものでした。そこがちょっとウケました(笑)

    掲載日:2014/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誘拐がわからなかったかな?

    常日頃から「知らない人についていっちゃいけない」
    「ひとりでどこかに行ってはいけない」と、娘には
    よく言っているのですけれど、誘拐の意味がまだやっぱり
    わかっていないように思います。だから、わるーいネコと
    スミレひめのやりとりも、なんだかぼんやりと聴いていて(笑)。
    どんなにスミレひめが頭がいいおひめさまなのかよく
    わからなかった模様。。

    でも、ほんとのところ、誘拐がわからなかったというより
    お菓子に対してそれほど欲がない娘、だからなのかもしれ
    ません(笑)。
    お菓子が大好きな子どもちゃんにおすすめです♪

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きだな…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    うちの下の子の好みに合っていたようです。
    読み終わると「やっぱ、これ好きだなぁ」といっていました。“やっぱ”というのは、以前学校の読み聞かせで、誰かに読んでもらったことがあって、その時もいいなぁと思ったそうなんです。

    「お菓子を食べたい」って、女の子の願望が程よくストーリーに織り込まれていて、娘のいる私が読んでも実に愛らしいおひめさまだな〜と思いました。

    ひとつ面白いと思ったのは、この世界でお菓子を売ってる(もしくは作っている)のは、猫たちなんですね。微妙な動物会の力関係が見えたりして、その辺も楽しかったです。
    うちの子は読み聞かせできたそうですが、この絵本。実は少々線が細く、淡い色合いで描かれているので、あまり遠目がききません。
    広いところや大勢る場所での読み聞かせは、微妙に避けたいですが、少人数でしたら大丈夫だと思います。

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 度胸があるスミレ姫

    誘拐されたと知ったらビビッてしまう私ですが、スミレ姫の度胸ある態度に驚きました。頭も良くて気転が利くし、最初から最後までお菓子の話で笑えました。お菓子への執念にびっくりでした。おしゃまで、きかんぼうで、愛らしいスミレ姫は、どこにでもいそうな可愛い女の子だと思いました。とても楽しい思いをいっぱいスミレ姫から貰った絵本でした。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • キュートで頭のよいお姫様

    お姫様もしくは魔法使いとあると、どうしても読みたくなってしまいます。

    読み終わって、絵を描いているのが、スーザン・バーレイとあり、「わすれられないおくりもの」で見たことがあるから、絵に懐かしさを感じたのだとわかりました。

    お菓子を食べさせてもらえないスミレひめ。

    お姫様は栄耀栄華を極めていると思いがちですが、不自由なこともあるものです。

    ある日、お城を抜け出して、わるいねこに誘拐されてしまいました。

    字の書けないネコの代わりに、スミレひめが書いた手紙の内容がおもしろかったです。

    キュートで頭のよいお姫様、そして度胸もあると、スミレひめの魅力にひきつけれました。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子を食べたいお姫さま

    子供なら共感しまくっちゃうお話なのではないでしょうか。
    うちも駄菓子は悪いお菓子よなんて言っていますが、その悪いお菓子を差し入れしてくれる身内もおり、娘の場合はじゅうぶん息抜きしているのですが、重ねること重ねること。スミレひめに自分を。
    ”わるーいねこ”をちょっとたいそうに読んだら喜ぶ喜ぶ。
    えらく楽しんで聞いてくれました。

    幸せそうに吐息を漏らし「はふ〜v おもしろかった〜v」というのが彼女の感想でした。
    なかなか子供の心をつかむ本でしたよ。

    掲載日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたまいいね

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    ねずみのスミレ姫はお城の窮屈な生活に我慢できなくなって、ある日自転車で、お城を抜け出し大騒ぎ・・・
    わるーいネコに捕まって、脅迫状を書かされますが、スミレ姫は機転を利かせて、お城の迎えがくるまで、食べたかったお菓子をたくさん食べて・・・
    スミレ姫が子供の気持ちを代弁しているようで、見ている子供たちの共感を得ます
    姫の気持ちを分かってくれる、王様は理想のパパ像になるのかな?
    でもねやっぱりすきでも一度にたくさんのお菓子を食べるのは、気をつけたいですね
    読み聞かせするには少し長いお話になるかもしれませんが、絵が優しくお菓子の並べられた場面は、じっくりと見てますよ

    掲載日:2008/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誘拐されちゃったけど・・・

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ネズミのお姫様 すみれひめ。
    自分の誕生日にお菓子も食べさせてもらえない、かなり堅苦しい生活を強いられている(らしい)のひめさまが
    ある朝Tシャツ(普段着てはいけないと言われている)を着て自転車に乗って(お城の中でしか乗ってはけないといわれている)街へ出かけます。

    自立心旺盛なすみれ姫。

    誘拐されちゃっても緊張感はなく、結果オーライ。
    (読んでいる子供達はハラハラドキドキして物語を思い切り楽しんでいました)

    話のわかる王様と 28個選んだお菓子がとっても素敵です。

    掲載日:2007/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウイットに富んでいて愉快

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    デビット・シャノンとかサイモン・ジェームスとか愉快な絵本を訳している小川 仁央さん訳だったので読んでみましたが、やはり納得ものでした。

    お話は、ねずみのお姫様のスミレ姫が、お城の規則に我慢できずに、お城を飛び出して巻き起こす物語。
    お姫様ものの現代版といったところでしょうか。

    スミレ姫の行動がとてもウイットに富んでいて、読む人を楽しませてくれること受けあいです。
    猫とのやりとりは最高としか言いようがありません。

    お城の規則を変えてしまうのですから、出来ないと言う前にまずやってみることの大切さも教えてくれる絵本です。

    とにかく楽しめる絵本なので、小学校低学年くらいにおすすめです。

    掲載日:2007/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット