ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

ほしのはなし」 みんなの声

ほしのはなし 作・絵:北野 武
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年12月
ISBN:9784591132135
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 6
「ほしのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ダイナミックな夜空を堪能♪

    • きよぴこさん
    • 40代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    北野武さんの描いた絵本。ページが折りたたまれていて、最終的にはテーブルいっぱいに広がるくらいの大きさになります。このワクワク感は大人でも楽しいです。
    この大きさだからこそ表現できる夜空の絵。吸い込まれそうでした。

    小学校の読み聞かせでも使っています。ただ、本の構造上一人では読めないので、その場でアシスタントの子を一人選び、端を持ってもらっています。大きく広げると読み手から字が遠くなるので読みにくいです。でもこのダイナミックさはこの本ならではの楽しみなので、読みにくくても、たとえつっかえても十分楽しい読み聞かせになるのではないでしょうか。
    今まで読んできたときには、子供たちは学年を問わず「わ〜♪」っと声を出して見入っていました。
    あと作者を紹介するとびっくりします。

    読み聞かせに使った学年:1年〜5年
    読み聞かせの時間:5分程度
    子どもたちの反応:★★★★★

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    4
  • 星空をたのしんでほしいなあ〜

    先日 学童の子ども達に このしかけ絵本を読みました

    ちょうど夏休みの前(終業式でした)
    学童の子ども達は 親が働いていて 夏休みもお弁当を持って学童へ行くのです
    なかなか 時間の余裕がない子ども達ですが  元気いっぱいの子ども達に この星空の世界を届けて ちょっと心に留めてほしいな〜とのわたしの希望です
    おじいさんが 孫に 星の話をするのです
    星の数は生まれた人の数  1000億にんと書かれていましたが もっと多いと思います
    長い長い歴史の中で 人が生まれ死んでいく 
    おじいさんは なかなか ロマンがあっていい話をしてくれます
    こんなおじいさんのように 人生の先輩が 孫に語ってあげてくれたらいいですね

    親は なかなか忙しく 働きこそが手していて こんな余裕ないかしら?
    いいえ そうとは言えません   夏休みに キャンプや 田舎で 星空を見上げたら おじいさんと同じでなくても・・・・・・ 
    親子で、宇宙の不思議さに 感動して 楽しんでほしいと思います

    北野武さんらしい 言葉があり笑えますが
    子ども達は どうかんじてくれたかなあ〜

    掲載日:2017/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大な星空の中で

    折り込まれたページを開いていくと、次第に自分が宇宙の中に吸い込まれていくような、壮大な絵本です。
    壮大な星空の中に、くっきりと浮かんだ自分を想像してしまいました。
    素晴らしい発想力だと思ったら、あの北野武さんの作品でした。
    読み聞かせには工夫がいりそうですが、楽しめる絵本です。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり!

    実は自分、10歳のときから、ビートたけしの大ファンで。
    でも、こんな本が出ていたの、知らなかった。
    びっくり!
    急いで買いまして、開いてみたらびっくり。
    寝る前の読み聞かせはできませんでした。
    じっくり、開きながら広いところで読むことをおすすめします。
    ファンでなくても心に響く絵です。
    キタノ映画の、「ほしをつぐもの」を思い出しました。
    もっといろいろ絵本出してほしいな!

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 是非、本物の夜空も見上げて

    読み聞かせをなさっている先輩方にも

    夏祭りの太鼓の練習最終日にも
    ご苦労様&本番頑張って!ということで
    夏休みだから親子で星空を眺めてほしくって
    全学年小学生親子に読んでみました

    「うわぁ〜っ、きれい」
    「えっ!?北野武?って、あの武?」
    「こんなこと考えるって、さすがだね」
    「こんな絵本あるんですか!?」

    と、同じような反応が大人から聞かれました
    夏の作品ではありますが
    秋も星空はきれいですからね
    冬の空もまたいいですよね

    本物の星空みたいに きれいに見えたそうです
    北野ブルーですね
    会話の内容も、セリフ調で
    短い文章ですが
    心に届きます

    みんなで楽しめる「作り」になってりう作品です

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北野武さんの絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    北野武さんの絵本ということで興味を持って読んでみました。
    3歳児にはまだ少し難しかったかな。
    星空がばーっと広がるのは素敵なのですが少し読みにくかったです。
    星を見ておじいさんと語るなんていい光景ですね。
    星を教えてくれる中で「あれは織田信長。あれはクレオパトラ」と言ったセリフが北野さんらしいです。いったいどの星のことを言っているのでしょう?

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット