なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
るるこるさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

白雪姫」 みんなの声

白雪姫 作:高津 美保子
絵:山本 容子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1992年
ISBN:9784593593194
評価スコア 4
評価ランキング 20,108
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 【内容】
    グリム童話。よく知られた白雪姫のお話を、芸術的な作風の絵で楽しむ一冊。
    ヨーロッパあたりの、お金持ちのご主人が再婚した妻に、実子の女の子が殺されかけるお話。森に逃げ込んだ白雪姫は、勝手に人の家に上がり込んで食事を中途半端に食べてしまい…

    【感想】
    大人向けの絵本。その
    おそらく小さなこどもや、メルヘン=甘くてかわいい世界という思い込みのある人には向かない。違和感を感じるなら、いいが、最後のシーンを見てトラウマにならないかちょっと心配。(民話というのは、そもそも人生の残酷さや、人間の醜さも描いているものだから)

    個人的には、奇想天外な雰囲気や、妖怪じみた人物描写が面白かった。
    グリム童話の原作や、いろんなパロディ作品を読むと、「白雪姫」は決してかわいい、可憐な少女の物語ではなく、やられたらそれ以上にやり返すような激しさをもつ生命力の強い女性の冒険物語のような印象を受ける。
    継母との闘いは、エグイ、むごい、壮絶なものであり、最終的には執念の勝利をおさめるが、その後の継母への残虐な仕打ちを見ると、どっちもどっち、同じレベルの醜い争いという気がする。
    個人的には、白雪姫は一時的な勝利をおさめてはいるものの、自分が年をとったら、継母と同じことをやって、先祖代々女同士の因縁の闘いが繰り返されるのではないだろうか…と想像している。

    もし、白雪姫が本当に心の清らかな人であるなら、あのような仕打ちをしなかっただろうと、私は思うのだが…(ラストシーンを、ぜひ、お楽しみに♪)

    掲載日:2018/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかすごい一冊

    明らかに子ども向けのお話なのです。
    ですが、お話の文字といい絵と言い、なんだかすごいのです。
    山本容子さんのプロフィールをネットで調べたら得心できました。
    この絵本はアートであり、山本さんの破天荒な(?失礼)生き方がベースとしてあるのです。
    そうするとこの絵本は極めて感性的な味わいを秘めてきます。
    肌色に地に描かれるのは、怪しげな小人たちの舞踏、デフォルメされたいろいろな登場者、怪しげな仮面をつけた男たち…。
    ちょっと邪悪さを感じますよ。
    この手の絵は嫌いではありません。
    でも、白雪姫って純真無垢、疑いを持たない無心のお姫様だったのでは?

    様々に出されている『白雪姫』。
    夢の世界のメルヘンというだけではなく、女性作家にとって自分の世界で表現したい題材なのでしょう。

    『白雪姫』は同じ話でも、絵本によって様々に楽しみがあります。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドイツ民話

    グリム童話として「白雪姫」を知っていたのですが、もとはドイツ民話とのこと。
    各地に伝えられ、少しずつニュアンスの違う話をベースにしてまとめたものだそうです。
    とはいえ、おなじみのグリムの話と大きく違う場面はないので、違和感なく読めます。
    面白かった場面は、白いキツネの登場です。
    白雪姫は、このキツネによって命を助けられるのですが、これは姫の生母の力ではないかという解釈は、とても興味深かったです。

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原作の白雪姫の絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「世界のみんわ絵本」シリーズの1冊です。
    初版は1992年でした。私の知っている『白雪姫』はディズニー映画を基にした漫画ような絵本でしたので、あまりの違いにちょっとびっくりしました。
    イラストは銅版画だそうです。とても不思議な色と線の絵で、見ていてひきつけられました。
    “白雪姫”(主人公)はともかく、7人の小人たちはどうも、ディズニーの「ハイホー ハイホー」とやっている『あれ』の印象が強かったので、実はものすごく違和感があ理ましたが、インパクトがありすぎで、「きも可愛い系」の小人たちが気に入りました。

    でも、高津さんのストーリーはグリム童話の原作に忠実で、お妃の最期もまるで「赤いつく」の最後のようで興味深かったです。

    しいていうなら、絵本の中のストーリーを書いている活字がまるで子どもの字のようだったのが気になりましたが、
    これはあえてこういうレタリングにしたのでしょうか?
    それとも、銅板に描いたせいで、こんなカクカクとした字になってしまったのでしょうか?

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな風だったかな?

    絵がとても大人っぽく西洋的な絵本のイメージでした。

    小人の絵も独特です。かわいい絵の「白雪姫」がお好みの方は少し引いてしまうかもしれません。

    白雪姫のいじわるなおきさきの最後ですが、よく覚えていなくてこんな風だったかな?と思ったので、他の絵本でも読み比べてみたいと思いました。

    文章はとても読みやすかったです。

    息子は「意外に話が長いね」と言っていました。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット