ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ねじまきバス」 みんなの声

ねじまきバス 作:たむら しげる
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2013年05月
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,795
みんなの声 総数 4
「ねじまきバス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ありえないけどおもしろい

    小さいバスにどんどんお客さんが乗っていくのは

    いいですけど、明らかに大きくて乗れない生き物も

    乗せてくださいというあたりが、絵本ぽくっていいと

    思います。

    ぎゅんぎゅんになっていて、少し変形しているバスが

    とても不安定で笑ってしまいました。

    もぐらやかえるの体の一部分が

    飛び出して、まるで車の一部みたいになっている

    ところが一番笑えました。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 乗せて乗せてー

    家で何度も読んでという本です。シンプルな絵に、ねじまきバスという設定がわかりやすいし、ありえない展開なんですが、のせてのせてーという言葉も面白い。乗っている動物たちの特徴があってこそ、トンネルをほったり、ジャンプしたり。。。楽しめます。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短いのに、ドキドキワクワク

    2歳11か月の車好きの息子に図書館で借りました。

    むし君がおもちゃのネジを巻いて走るバスを見つけ、虫、カエル、もぐら、くまなどを乗せて冒険するストーリー。

    とにかくセンスの良いかわいい絵と、ドキドキワクワクするストーリー展開が
    楽しいです。

    息子も大好きなバスが出て来てとても楽しかったようです。
    これは欲しいです。

    掲載日:2014/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえな〜い!がおもしろい!!

    むしくんが見つけた ねじまきバス。
    おもちゃだから、どんなに大きくても、大人が片手で持てるくらい。
    むしくんと比べると、子どもの片手でも持てそう。

    次々やってくるお客さん。
    ねじを巻いたら乗せてあげる、とはいっても・・・
    「えっえぇ〜っ!?の、のれるの〜??ありえな〜い!」という展開でした。
    ありえなさすぎて、おもしろいです(笑)
    そして、とうとう・・・※◎☆!!そのあとが、またいい!

    ビックリ箱みたいな一冊です♪

    掲載日:2013/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット