だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

はりえあそび」 みんなの声

はりえあそび 作・絵:寺門 保夫
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年02月
ISBN:9784591004074
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,488
みんなの声 総数 2
「はりえあそび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親の準備

    子供たちと工作をしたくてこちらの本を借りてきました。
    レベル的には、とても簡単です。まさに「はりえあそび」。
    手先がまだ不器用な小さい子供でも楽しめる内容です。

    ただ親の準備が大変かもしれません。
    私は、折り紙だけでのはりえあそびを想定していたのですが、こちらの本には毛糸やボタンを使った作品も出てきます。
    普段、あまり手芸をしないもので、その手の材料が家になくて困りました。あらかじめ親の準備が必要かなと思った本でした。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に図工をやりはじめよう

    1歳になり紙をちぎれるようになったら始めました。まだ粘土もお絵かきも上手じゃないけど、破ったり貼り付けるのはできる年頃です。

    まだ簡単なリンゴとかみかんとか淡色で形がわかり易いものをちぎり絵にして作ってます。私は細かくちぎって子供の補修をするようにしてます。シールを剥がしたり貼ったりするのが好きになる年齢。
    ただただシールを貼るだけじゃもったいない。折り紙は安く手に入りやすいので手軽にはじめられる。
    まずは絵本をお手本に、後は自己流。
    色々な種類が紹介されているので長く使える絵本です。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット