雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…

かやねずみのおかあさん」 みんなの声

かやねずみのおかあさん 作・絵:つちだいさむ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1997年
ISBN:9784577017678
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,264
みんなの声 総数 2
「かやねずみのおかあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛らしい

    愛らしい表紙に魅せられたのでこの絵本を選びました。母が子供達を思う気持ちの強さをひしひしと感じられる作品でした。子供達に自分の知っている知恵をどんどん教えていく様子がかっこ良かったです。子供達もしっかりと御母さんから伝授されたことを体得していくのが素晴らしいと思いました。母と子の絆の強さを感じられる作品でした。細部までこだわって描かれている背景が素晴らしかったです。

    掲載日:2009/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子愛!

    かやねずみのお母さんが、子供たちを連れて、野原で色んな事を教えるお話。その途中できつねが出て来て、お母さんは危機一髪…。そこで助けてくれたのが子供達です。
    この子供達にはピコ、ポコ、ペコ、モコ、パコ…という名前がついていて、語呂が良いせいか、子供が名前を読むところにくるとゲラゲラ笑います。
    そして、最後にお母さんを子供達が救出した時、子供は心から安心した顔で満足そうにしています。寝かしつけの時に読む時は、その後の眠りもスムーズ。
    まだまだ小さいうちの子は、かやねずみ親子を自分と自分の母と重ねて、仲良くしている所が嬉しいのじゃないかなと思います。
    イラストもきれいで可愛らしくて、お気に入りです。

    掲載日:2006/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット