あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ルーレとミーチャ 〜ドナウのきしべ〜」 みんなの声

ルーレとミーチャ 〜ドナウのきしべ〜 著者:ニコリック鈴木美香子
出版社:牧歌舎
本体価格:\1,000+税
発行日:2013年04月
ISBN:9784434178290
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わたしのパパのお話です

    これは、わたしのママが書いた本だと思うと、なんだかふしぎな感じがします。

    そして、これは、わたしのパパが子どものころのお話だと聞いて、わくわくしました。
    わたしは、まだパパが生まれた国に行ったことがありません。

    しゅじんこうのルーレは、山が青々と広がっているところに住めて、
    すてきだなと思いました。
    がちょうのたまごは、どんなあじだったのかな?
    私だったら、オムレツじゃなくって、たまごやきにします。
    パラチンケは、とってもおいしそうで、読んでいてよだれが出てきそうでした。

    ワインにするぶどうを、ぐちゅぐちゅと足でふむのも楽しそうでした。
    うちの犬は、いたずらでどうしようもないけれど、その仕事だったら、役に立つと思います。

    ルーレがねむってしまって、がちょうのミーチャがいなくなっていたときは、
    どうなるんだろうと、ドキドキしました。
    ミーチャは自分で家に帰ったなんて、サルと同じくらいりこうだなあ、と感心しました。
    「いたずらミーチャめ!」ってルーレは言ったけど、
    「おやすみ、ぼくのともだち」と言ったところは、わたしも心がほかほかしました。
    お母さんが、「ミーチャを売らない」と言ってくれたことは、感動しました。

    わたしも、いつかパパの生まれた村に行ってみたいです。
    そして、がちょうに、口ばしでかまれたいです!
    パパは、こどものころ、「犬よりもがちょうにかみつかれるほうが、こわかった」と
    言うけれど、大げさに言っているのか、どれくらいいたいのか、
    自分でたしかめてみたいな、と思います。

    おじいちゃんのかいた絵は、がちょうが上手だと思いました。
    わたしもいつか、こういう心があったかくなるような絵をかいてみたいです。

    掲載日:2013/05/16

    参考になりました
    感謝
    6
  • 涙が止まらなくなりました

    教室の生徒さんのお母様からご紹介いただきました。

    「ルーレとミーチャ」はとても心が温まりました。
    そして、「あとがき」を読んでいる内に涙が止まらなくなってしまい、
    真赤な目で生徒さんを迎える事になりそうでしたので、中断して
    レッスンが終わってから読みました。
    文章といい、さし絵といい、とても感動致しました。

    まだ自分自身の孫は生まれたばかりで、
    すぐに読んであげることはできませんけれど、
    生徒さんたちや、小さなお子さんをもつお母様たちに
    読んでもらえるように、教室の絵本箱に入れて、
    大事にしたいと思います。

    失礼ながら、このような絵本のサイトがあることも存じませんでしたが、
    他の方の感想も読むことができて、感動がさらに膨らんだような気が
    致しました。

    掲載日:2013/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな家族

    • モモさん
    • 40代
    • その他の方
    • 静岡県

    本当に温かくて、ステキなお話です。
    でも、その一方で、戦争によって故郷を奪われる悲しい現実。
    あとがきを読んで、涙が出てきてしまいました。
    平和な日本で生まれ育った私には、テレビのニュースなどで、
    ほんの一部しか知ることができません。
    そういう悲惨さを、肌で感じることもないですし…。

    そして、著者のお父様が描かれた挿絵、
    家族の温かい一つの絵が見えたような気がしました。
    本当にステキな家族だなぁと思いました。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に大切なもの

    • ツインズマムさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子9歳、女の子9歳、男の子2歳

    子供達へのプレゼントにいただいた絵本です。
    とてもよい内容だと思いました。

    挿絵もモノクロで、温かさがありました。
    あとがきに「孫のため」とありましたが、娘のためだと感じました。

    とっても愛を感じて、ジーンとくる本でした。
    あとがきが素敵でした。

    子ども時代…、親として子供に幸せを感じさせてあげているか、
    振り返らせてもらった大切な本になりました。
    一緒に過ごす時間って、そんなに長くなくて、あっという間なんだろうな…。
    そう思うと、お金や物より、時間や空間を大切にしてあげなきゃなと
    思えました。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / ぐりとぐら / 100万回生きたねこ / バムとケロのにちようび / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット