だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

だいくとおにろく」 みんなの声

だいくとおにろく 作:小川 洋
絵:井上 洋介
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1993年
ISBN:9784790260400
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,882
みんなの声 総数 5
「だいくとおにろく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵が力強いです。

    力強い鬼の絵が印象的な絵本です。

    息子が怖がるかなぁとおもいながら読みましたが、そうでもありませんでした。
    最後、「おにろく」というとおにが消えてしまうのですが、
    なんで消えたかはわからなかったです。
    (めんたまを取られないだけかとおもっていたので。)

    文中の
    「おにろく〜〜(中略)〜〜ええのになあ」という歌が怖かったです。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本昔話としては、単純明快で深みのないお話ですが、井上洋介の絵がなんだかおもしろくもおどろおどろしくもある絵本です。
    この絵本の鬼は青鬼。
    とてもお人よしの鬼のようです。
    二日にして立派な橋を作ってしまいました。
    その代償が大工の目玉というのがよくわからないのですが、よくわからないのが昔話かもしれません。
    鬼から逃げようとした大工が耳にした子守唄。
    このお話では、逃げた大工が再び川に出かけて、鬼と遭遇したときにふとあの子守唄を思い出したことになっています。
    描かれているのが素朴な橋であることと、癖のある描き方で、子供には井上洋介版のほうがお勧めです。
    カバーに描かれた女の子は、鬼の娘でしょうか。
    子守唄をうたっている主が描かれているところでも、ポイントが高いとおもいます。
    残念ながら、カバーにしか描かれていないのですが。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な話

    息子が、鬼の絵本が読みたいと言い出したので、鬼が出ている絵本をいくつか借りてきたなかの1冊です。

    名前を言い当てたら鬼が消えるなんて、そのことが事前に分かっていないこともあって、とても衝撃的です。大工も何の努力もしていないのにこんな展開になるなんて不思議ですね。

    息子は、他に一緒に借りてきた『だいくとおにろく』の赤い鬼の方が好みだったようですが、私はこちらの絵も結構好みでした。赤羽さんのに負けず昔話っぽくて良いと思います。また、文章が縦書きである点も気に入りました。日本の昔話は縦書きの方が雰囲気が出ます。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか気の毒

    急流でなかなか橋を架けることのできない川に橋を架けるよう頼まれた大工が、川から出てきた鬼とめんたまと引き換えに橋を造ってもらう約束をしてしまいます。

    鬼がもちかけた半ば強引な約束でしたが、橋をかけてもらったのにめんたまももらえず、お礼も言ってもらえない鬼がなんだか気の毒になってしまいました。
    恐ろしい鬼に見えなかったせいかもしれないですが、大工はちょっとずるいんじゃない?って思えてしまいます。

    でも、きっと川が橋が架けられないほど急流なのは鬼のせいなんだ〜と自分なりに解釈。
    そうすると大工と鬼の会話をおもしろく読むことができました。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 間抜けなおに。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子5歳

    日本民話です。
    他の出版社からも出ていると思いますが、私が借りてきたものは、井上洋介さんの絵です。

    井上洋介さんのおにの絵は、どこか間抜け顔でぜんぜんこわくありません。

    川に橋をかけようとする大工と、その川に住む鬼のユーモラスなやりとりのお話ですが、かえっておかしくおもしろい。本当は、めんたまとられるかもしれないという怖いおはなしなのに・・・

    大工が本当はおにの名前を知っているのに、わざと間違える姿をみて、おには大笑いしているのですが、ほんとに間抜けだなあと思ってしまいます。

    最後、大工が本当の名前を言ったら、すばやくいなくなっているところは、潔いというか、やっぱり、間抜けとしかおもえない。

    名前を当てる取引なんてしなければよかったのにね。

    掲載日:2006/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / いいから いいから

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット