ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ごろりん ごろん ころろろろ」 みんなの声

ごろりん ごろん ころろろろ 作:香山 美子
絵:柿本 幸造
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1984年01月
ISBN:9784893252555
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,668
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

83件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 私の好みではないのです

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    前作『どうぞのいす』がどうしても好きになれなかったので、今回も子供には読まず、一人で見てみました。

    私がひねくれているのだと思います。『どうぞのいす』の、思いやりを促すところが好きではなかったのですが、これを読んで今度は献身を強いているように感じてしまいました。他の動物が「だまって手伝う」場面も、うさぎが徹夜してさらなる献身をする場面も、「良い子はこうするんですよ!」と言われているようで、やはり好きになれません。

    「みんなのために何かする」というのはとても大事な考え方ですが、何だか道徳の教科書のようで、自分で子供に読んでやろうとは思いませんでした。

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    4
  • かわいい!

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    この絵本が以前読んだことのある「どうぞのいす」の続編だったと、感想を書こうとして初めて知りました。
    そういえば・・・。
    我が家にはこちらの絵本しかないのですが、前編を知らなくても楽しめます。

    うさぎさんの思いやり、そして、みんなの思いやり。
    みんなが誰かの為に何かをする素敵なお話です。
    自然にこんな優しさの出せる子供に育って欲しいと思いながら、読み聞かせています。
    二人の子供も大好きな絵本です。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 懐かしい

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    私が読むために図書館から借りてきたら、中学生の娘が懐かしそうに「「どうぞのいす」に続編があったんだね」と言っていました。
    「いす」の時は無表情だったうさぎさんが、今回は表情豊かになりました。
    テーブルの周りに丸いすばかり並んでいますが、どうぞのいすも置いてみたら面白かったのに・・・。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • うさぎさんのようなひと

    今度はうさぎさんが、みんなと使える大きなテーブルを作りました。
    それをひとりで丘の上まで運んでいく途中で…?

    うさぎさんの、何も言わずに黙って行動するところが、本当に素敵だと思う。
    そういう事ができる人って、なかなかいないんじゃないかな。

    みんなちゃんとうさぎさんの事を見てるんですね。
    だから何も言わずに助けてくれるんですね。

    言葉がなくても心は通じ合うものだと教えてくれる、とても気持ちのよい絵本でした。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • ああ、可愛い。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    どうぞのいすも大好きですが、
    これも素敵な絵本でした。
    題名は
    うさぎさんが作った大きなテーブルを引いていく音です。
    少しずつ軽くなっていきます、なぜかな?

    何でもすぐに作っちゃううさぎさんに感心。
    そしてみんなも優しい。
    絵の雰囲気が温かくて、どの子も可愛いです。
    どちらかというと娘より私が和んでしまって、
    手に取っちゃう絵本です。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「どうぞのいす」より・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    「どうぞのいす」は有名ですが、続編があったんですね。個人的には「どうぞのいす」よりもこっちのほうが好きですね。だって、うさぎさんの頑張り、仕事ぶりが、ぐんと引き立っているから。
    みんなの思いやりの心も、相変わらず和ませてくれます。安心して、子どもにどんどん読み聞かせたい一冊です。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 柿本さん

    柿本さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公が生き生きして行動しているのが素晴らしいと思いました。自分の事よりも人の事を考えて行動するのに感動しました。優しい仲間の協力も素晴らしいと思いました。友達っていいな!と思える絵本です。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思いやり^^

    「どうぞのいす」が大好きな我が子に、続編となるこちらの絵本を読みました。大きくて重たい木のテーブルを荷車に乗せて、うさぎさんが運んでます。それを見た動物たちが、次々に後ろからお手伝いを。みんなの思いやりが一つになる、心温まるお話でした^^

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやりをはぐくむ

    優しくかわいい挿絵に子供も見ていました。うさぎがみんなのためにテーブルを用意するお話し。徐々に運ぶ仲間が増えて、うさぎさんが一人で運ぶには大変な仕事も軽く進めることができました。用意されたテーブルでみんなが一緒にコミュニティーをはかれる環境ができたこともよいストーリーだと思いました。最後まで椅子を用意するうさぎさんにもほっこりするやさしさを感じる事と最後まで頑張る姿もよい内容です。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続編

    うさぎが作ったどうぞのいす。今回はその続編。

    今回は、うさぎが大きな机をつくります。そして運んでいくのですが、重さがどんどん軽くなります。

    そう、たくさんの動物たちが、手伝って押してくれているのです。みんなの背中を押して応援してくれる気がします♪

    娘は、絵もかわいいので気に入っています。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

83件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / オニじゃないよ おにぎりだよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット