ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

図書館ねこデューイ」 みんなの声

図書館ねこデューイ 作:ヴィッキーマイロン
訳:岡田 好惠
出版社:株式会社KADOKAWA
本体価格:\620+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784046312044
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねこの図書館職員

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    大人向け小説版、絵本版とある本の小〜中学生向けジュニア版です。
    真冬のある寒い日、図書館の返却ポストに捨てられていた一匹の子猫。
    その子が図書館の住人(住猫?)となり、図書館の職員として働き、利用者に認められ、アメリカだけでなく世界中の人たちからも愛されるようになったいきさつが分かりやすい文章でつづられています。

    最初、あらすじを読んだときは図書館ねこ?
    本を傷めたらどうするんだ?
    アレルギーの人は?
    館内が騒がしくなるのも困りもの!
    と否定的だったんですが・・・

    読んでいくうちに心変わり。
    こんな素敵な図書館ねこがいる図書館がうらやましくなりました。
    どんな猫でも良い、可愛ければ良いと言うわけではないんです。
    デューイのように優しく、癒してくれる存在でなければ。

    そして、世界的に有名になり、遠方からわざわざデューイを見に来る人、外国からのテレビの取材(NHKですよ!)まで。
    デューイはまるでアイドルにでもなったかのように、遠方からのお客さんには愛想を振りまき、取材ではプロデューサーの指示を細かく受けるなど、才能を発揮。

    更に時は過ぎ、デューイも老猫になると事態は一変。
    図書館ねこ引退の危機が。
    都合のいいときにはチヤホヤし、苦情が増えたら誰かが引き取れなんて、薄情!と憤慨したのですが、そこも丸く収まり、幸せな老後、と思っていたら・・・
    癌が見つかり、安楽死。
    ここもまたアメリカらしいですが、デューイの事を思って、最期を見届ける姿にまた感動しました。

    ただかわいらしい猫を堪能すると言うのではなく、生き物を飼う責任にも触れることができました。

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット