しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

いたずらいたずら1ねんせい」 みんなの声

いたずらいたずら1ねんせい 作:那須 正幹
絵:古川 タク
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年05月
ISBN:9784323004143
評価スコア 3
評価ランキング 39,248
みんなの声 総数 1
「いたずらいたずら1ねんせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読後すっきりしないのですが・・・

    1982年初版で1992年には19刷
    時代背景の関係もあるのかな?

    いたずらーというより
    なんか、「意地が悪い」感覚が
    気になります
    性格が悪くなっていくような感覚に陥ってしまいます
    主人公のシンちゃんが
    なぜいたずら?したくなるのか
    それは、周囲の人達に
    優しい人がいないのですもの
    ちょっとひどいなぁ・・・と
    思ってしまいます

    「キャプテンエイト」の歌で
    自分を奮い立たせているのかな

    友達同士はこんなもので
    仲良くなったり
    けんかしたり
    で、最後がなんとも男の子ならではの
    反抗心???の現し方?なのかな?
    気分がここで開放されるのかな?

    カバーに
    「また せんせいにしかられた」
    の言葉が物語っている感じ

    先生でなくても
    家でも
    外でも
    誰にでも叱られてばかりいたら・・・
    嫌になっちゃうもんね

    いたずらではなく
    いい方法ないかなぁ〜

    なんとなく気分がすっきりしない
    感じが残ってしまいました

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット