雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ガラパゴス」 みんなの声

ガラパゴス 作:ジェイソン・チン
訳:福岡 伸一
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年06月27日
ISBN:9784062830676
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,240
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とても勉強になりました☆

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    10歳の息子と読みました。

    ここだけ生物が独自の進化を遂げているガラパゴス諸島。
    ずっと前から気になっていて、でも一体全体どうしてそうなったのかが
    よく分からず、気になって仕方ない。
    という頃にちょうどこの絵本に出会え、とてもよかったです。

    時系列で、どのようにして島ができていったか、
    そしてそこにどうやって生物が棲みついたか、
    棲みついた生物がどのような理由で、どのような進化をとげたか、
    とても分かりやすく説明されていて、
    大人の私もなるほどがたくさんの一冊でした。

    巻末のちょっと詳しい解説までしっかり読ませていただきました。
    最後まで読み終えて、本当に勉強になった一冊。
    生物好きには是非お勧めの一冊です!

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • わかりやすい

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子4歳

    ダーウィンに興味を持って読んでみました。

    100万年単位でガラパゴスの島の変化が描かれています。島がどのようにできたのか、どうやって生物が住むようになったのか、どう変化したのか、そして島と生物が最後にどうなったのか。

    小さな子に進化論を説明するのにぴったりの本でした。小学校2年生の長男にちょうどよいくらいかと思いました。4歳の次男にはまだ難しかったようです。

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神秘の島

    このお話は固有の生物たちが生息するガラパゴスのお話でした。地球環境の変化と動物の進化の過程が分かりやすく描かれていたので子供にもとってもわかりやすくて面白い絵本だったと思いました。大人が見ても、「なるほど〜!」と思えるところも多かったです。

    掲載日:2014/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 600万年を感じる

    図書館の新着図書のコーナーで見つけた本書。
    読んでみると、鳥肌立つぐらい壮大な奥深さを感じました。
    600万年前の島の誕生から、島が消滅したエピローグまで順に分かりやすく描かれています。
    噴火で誕生した島が少しづつ海に沈んでいくのが、子供達には不思議でしょうがないようで、何度も読み返しました。
    600万年という年月をこの1冊で感じることができる、とても素敵な本でした。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球時間

    海底火山の噴火。
    島の誕生、植物や動物がこの島に移り棲み、島は豊かになり、やがて衰退し、海の中に還っていく…。この間、実に600万年!

    人間には、想像することもできないほどの長い年月。この目では、絶対に見ることができない世界。
    でも、絵本の世界でなら見ることができます。それが、この本。

    人類が暮らす今の地球。それも、地球からするとほんの一瞬の出来事なんでしょうね。
    地球時間、スケールが違います!

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 進化論の壮大な世界

    ガラパゴスといえばダーウィン。
    ガラパゴスといえば進化論。
    遥か離れた赤道の世界をあまりにみごとに絵本化しているので、何度も読み返しています。
    ガラパゴス諸島は、人々に地球の歴史を伝えるために存在しているのかも知れないですね。
    どんなに分かりやすく書かれた科学書よりも雄弁だと思いました。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!


『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット