もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

妖怪食堂」 みんなの声

妖怪食堂 作:広瀬 克也
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年05月
ISBN:9784871100847
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,733
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お父さんが食堂を開きました!
    この食堂では、やってきた妖怪たちそれぞれの、お好きなものを提供します!

    こんな食堂、他にはない!
    妖怪たちは大喜びです。

    でも、お父さんって何者?!
    食堂の名前からすると・・・
    あ!やっぱりそうか!

    知っている妖怪も知らない妖怪も、たっくさん登場します!
    これだけ集まると、壮観!!

    力強いタッチで、コミカルに描かれています。
    ワイワイガヤガヤ。賑わう声が聞こえてきそう!

    特にわたしは、
    食堂の外で、大きな妖怪が美味しそうに丼ものを食べているページが好きです!
    迫力がありますね〜。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 妖怪食堂はおおはやり〜
      
    おてつだいに いってきてね(おかあさんに たのまれたのかな?)
    忍者のお父さんが 食堂を開店したのです
     
    開店記念 たべほうだいは いいですね〜
    オクラいれネバ丼(我が家でも オクラ納豆 大〜いすき 昨日食べました)
    なんと メニューのたくさんあること
    ビビンババーッ・タコスミパスタ・ おおどろ でっかどーん・失神カレー・
    ホントにたくさんあって お店を閉店しようとしたのに・・・
    ゆうれいが どんどんお客を誘ってくるから・・・
     
    「まだ おみせやってる?」

    ほんとうに 大繁盛です  妖怪食堂

    おもしろくて 絵を見ていたら ついつい メニューを見つけて 見入ってしまいます
    美味しそう!  
    なんだか 食べてみたくなるのが 不思議です
    妖怪食堂なのに・・ ちょっと まった  本当に私の口にあうかしら?
    楽しい絵本です    これは、学童の子どもたちに読んであげたら
    喜ぶでしょうね!
    楽しみで〜す

    掲載日:2013/06/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 主人公の男の子は似てるけど、他人?

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    「妖怪横丁」の続編。「横丁」のラストシーンで、「にんげんかーい」と、妖怪たちに素性がばれてしまった男の子と非常によく似た男の子が主人公ですが、もしかしたら別人の他人の空似なのかもしれません。
    だって、こちらの子は妖怪界にお店を開いた忍者の息子なんですもの。

    いろいろな妖怪たちの用途に合った定食が登場するのが楽しいです。
    あれあれ〜。よく見るとしのび食堂に一番に駆け込んできたのは、「横丁」で「人間かーい」と聞いてきた“一つ目小僧”ですよ〜。
    次のページで一つ目は一緒に御用聞きに回っているので、バイトとして雇われたのかもしれません。

    掲載日:2018/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい食堂です

    妖怪がたくさん出てくるお話です。

    怖くありません、みんなおもしろいです。

    食堂にきて食べている妖怪は

    表情豊かです。

    一日中妖怪たちは来ていましたが、

    夜になっても妖怪たちはたくさんきます。

    よっぽどおいしいんでしょうね。

    掲載日:2017/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妖怪とだじゃれが楽しい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    今回も妖怪とだじゃれ満載の妖怪シリーズ。
    主人公のお父さんが忍者だったという発見がありました。
    声をあげて笑うことはないけれど、大人はふふっとなって楽しい。
    子どもは、ダジャレはいまいち分かっていませんが、たくさんの妖怪とごちゃごちゃした楽しい絵に食いついていました。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妖怪だらけ

    妖怪食堂には妖怪の名前にちなんだメニューが沢山出てきて、お客さんは妖怪ばかりが大勢やってきました。子どもが怖がるかと思いきや、興味津々で読んでいました。妖怪を指さして、「これなあに?」と名前を聞かれるたびに答えました。どの料理も、名前に引けを取らずおいしそうでした^^

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれが通じる子に。

    残念ながら、まだだじゃれが通じない息子には本来この本の持つ面白さに気づけず終いでしたが、だじゃれが分かるようになったら、また読もうと思っています。
    とにかくメニューが面白くて!
    メニューが読める(字が読める)、だじゃれが分かる子は間違いなく楽しめます!

    掲載日:2015/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビビンバ!

    「妖怪横丁」に長女がものすごくはまりまして、それで同じシリーズのこちらの絵本を借りてきました。
    テーマが食べ物だけに、「妖怪横丁」以上に夢中になっています。長女があまりにはまっているので、これは購入して手元に置いておこうと思います。
    長女が一番気に入っているのは、「ビビンババァ」。この絵本を読んでいないときもなぜかうれしそうに、「ビビンババァ」と言っています。長女のツボにはまったようです(笑)。
    こちらの妖怪シリーズ、他にも何冊か出ているようですので引き続きお世話になります。
    子供が好きなシリーズが見つかるとうれしいです。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉妹で大喜び

    妖怪大好きな1年生の長女と5歳の次女に借りました。

    色々な妖怪たちが食堂にやってきて、色々なものを食べるんですが、お歯黒べったりがイカすみスパを食べたり、笑えます。文章は少ないので、読むのに時間はかかりませんが、絵に夢中でなかなか進みませんでした(笑)このシリーズを全部借りたいとリクエストされています(笑)

    掲載日:2014/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • しのび食堂!

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    絵とダジャレの勢いのある絵本です。
    親子で面白がって読んでいる
    妖怪シリーズ、食堂です。
    妖怪がたくさん出てきます。
    今回はダジャレでよりコミカルです。
    今は妖怪ブームですが
    しってる妖怪もたくさんでてきて大人も面白いです。
    大きい妖怪が大盛りをがつがつたべている姿は
    ビックリですよ〜

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本


「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット