ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

どろぼうの神さま」 みんなの声

どろぼうの神さま 出版社:WAVE出版
本体価格:\1,800+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784872901177
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うれしい意外の連続

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    どろぼうの神さまを名乗る少年。
    どうも彼の盗みの話は嘘っぽいなーとなんとなく読んでいて思いました。
    どろぼうの神さまの正体は…意外でしたが納得はいくものでした。
    ほかにも意外な展開の連続で面白かったです。
    しっかりと伏線はあるので突拍子もないめちゃめちゃな意外さではなく納得できるうれしい意外さでした。
    児童書としては分厚いほうかと思いますが、読みやすかったです。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人になりたい子供たち

    子供に読む本を探していていて、
    タイトルと表紙の絵に自分が惹かれてしまって
    図書館で借りてきました。

    子供だけで生活しているみなしごたち。
    そんな子供たちをまとめているのは「どろぼうの神さま」
    でも、「どろぼうの神さま」にもいろんな悩みがある。

    大人はみな子供を「子ども扱い」したがるけれど、
    子供は本当は大人が考えている以上に、いろんなことを思い、
    いろんなことを感じている。
    それでも、「子供だから」できないことが多すぎて、
    そんな現実に必死に立ち向かおうとしたのが、この子供たちだ。

    早く大人になりたい子供たちの切ない思いが、
    胸にしみます。

    そして、息子は、子供が大人をやっつける
    そんな痛快なお話に胸がすきっとしたようです。

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 謎にしておいてほしいとこもあったけど…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    中学生の朝読の本を選んでいて、パッと目に飛び込んできた作品でした。
    普通の児童書に比べるとやや厚みのある本です(横幅約3センチ!!)。
    手にして表紙を見たら、どこか印象的なライオンの彫刻が彫られている建物の上に、カラスのようなお面を付けた男の子が一人。
    気になってページを開いてみたら…、《ドイツから届けられた冒険ファンタジー》と書いてあるじゃありませんか!
    これはきっと、うちの子の好みだ〜!と確信し、子どもに届けたら、めっちゃ気に入って、一気に読んでしまいました。

    作者は、今まで私は知りませんでしたが、ドイツでは最も有名な児童文学作家の1人だそうです。

    この本の主人公は12歳くらいの少年たち。2人の少年の立場や目線で
    物語は進んでいきます。
    ここが、私は良くも悪くもも気になりました。
    視点があちこちに動くところが多く、謎にしておいてほしかったシーンが、もう一人の主人公の方からあっけなくばれちゃっったりして。
    物語の裏を想像する楽しみが、その度に奪われちゃった感はありました。
    個人的には、どちらかの少年一人にスポットを当ててほしかったなぁ。
    というのは大人の感想なので、
    評価は子どもの評価を優先しました。

    分厚い割に字が大きく、センテンスが短くわかれているので、大変読みやすい本でした。
    内容は全く違いますが、作品の作り的なものは「ネバーエンディングストーリー」と似ています(と、私は感じました)。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの願い

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    早く大人になりたいと願う子ども。
    子どもの頃に戻りたいと願う大人。
    最近「早く大人になりたい」と言うことが多くなった娘に、昔の自分を思い出し、ハッとしました。

    このお話でも、子どもであるがゆえに大きな悩みを抱えた少年の姿が描かれています。
    子どもの頃はそのときを楽しく過ごして欲しい。
    そう思う大人たち自身が、一方では大人になりたい子どもを作り上げているのかと思うと、複雑な思いがします。

    友情あり、冒険あり、謎ありのこの物語は、500ページにもなる大長編ファンタジーです。
    かなり読み応えがありますが、夢中になり一気に読んでしまいました。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    1

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット