ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ねずみの つきめくり」 みんなの声

ねずみの つきめくり 作:レオ・レオニ
詩:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年06月09日
ISBN:9784769020271
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,498
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 季節感たっぷりのレオニの詩

    レオニお得意のねずみたちが、1月から12月までのそれぞれの月で季節感たっぷりに動き回っています。
    特に私が気に入った月は、5月と11月でした。
    レオニらしい詩(?)が、素敵でしたねー。
    11月の「… ゆめにでてくる おひめさまは
         ねむりながら ほほえんでいる」
    こんな発想はなかなかできるもんじゃ、ありませんよね。

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何度も

    レオ・レオニの絵本にはよくでてくるねずみたち。この絵本は画材がちがうのか、色鮮やかで、雰囲気がちがって新鮮です。
    一年をとおして、毎月の絵に、短い詩がついているのですが、とっても良くて、つい何度も読んでしまいます。
    とくに6月が心にのこりました。

    掲載日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年をぐるりと

    普段、黙読してばかりで声に出して読みたがらない息子が突然
    「聞いてて」
    と、読んでくれた一冊。
    レオニのお馴染みのネズミさんたちが可愛く、そしてやはり素晴らしい谷川さんの詩。
    息子は読みたくなったんでしょうか。読みやすいリズムの詩だと思います。
    とても耳に心地よく素敵でした。

    掲載日:2015/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルな文章と共に、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    レオレオニ先生の描く可愛らしいねずみたちがひと月ひと月楽しそうに過ごしています。これがこのままカレンダーになってもいいくらい。。皆のお家で悪さをするねずみもこんなに可愛かったら、誰もネズミ取りを仕掛けようとは思わないのにね。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も言葉も美しい

    レオ=レオニの絵に、谷川俊太郎さんが詩をつけています。絵も言葉も本当に美しくて、贅沢な絵本だと思いました。
    1月から12月までのねずみの暮らしぶりが描かれています。どのページも色鮮やか。シンプルだけれどリズムカルな詩も添えられていて心地がいいです。
    ページをめくることに季節が巡り、最後には本当に満ち足りた気分になりました。何度も何度も繰り返しめくりたくなります。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩は翻訳?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    レオ・レオニさんのねずみたちが繰り広げる、各月の光景です。
    色の魔術師らしい、愉快な色彩が印象的です。
    翻訳は谷川俊太郎さん、とありますが、
    おそらく意訳もあるでしょうから、谷川さんが詩を添えるとも評されているのでしょうね。
    是非とも原書で読んでみたいものです。
    どの月もレオ・レオニさん&谷川俊太郎さんらしい少しシュールな詩です。
    私のお気に入りは、6月。
    「でもぼくはぼく わたしはわたし それがいちばん すばらしい」
    レオ・レオニさんの他の作品にも通じるのではないでしょうか。
    見開きでひと月の構成、カレンダー風にディスプレイとしても使えそうですよ。

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ろくがつ

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    谷川さんが、いつもの『訳』ではなく、
    『詩』を担当されているのが珍しいですね。
    原文はどんなものだったのだろう?と気にもなりました。

    実は「いちがつ」がよく読み込めず;、
    怖いお正月って何だろう?見えないお土産って・・・??
    ・・・とハテナだらけのスタートだったのですが;、
    「にがつ」以降は読んでいて楽しく気持ちが良く、
    何とも温かい気持ちで読み進めました。

    中でも「ろくがつ」!

      ちょうちょになって そらをとびたい
      さかなになって みずにもぐりたい
      でもぼくはぼく わたしはわたし
      それがいちばん すばらしい

    自分が自分を愛してあげる事、自己肯定感って大切ですよね^^

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • カレンダーになったら買いたいな!

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪8歳

    レオ・レオニ先生(絵)谷川俊太郎先生(詩)の絵本です。今回はいつもと違って谷川先生が訳じゃなく詩を書いているのですよ。詩人としての力量発揮しています。その詩がちょっとマサーグーズっぽくていい(谷川先生はマザーグース関係にも手つけています)、レオ・レオニ先生の絵もいいし、谷川先生の詩も絵を見ながら心地良い。谷川先生以外の人だったらこんな心地よくならないと思います。シオドアのように教訓的なこともないし、ただぼうっと絵本を眺めて癒されてこんな絵本大好きです。この絵本の柄がカレンダーになったら買いたいな!

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節を楽しむカレンダー

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    1月〜12月の季節をレオニ風の解釈で綴られた、可愛いカレンダーのような絵本です。
    お正月・イースター・夏休み・新学期・クリスマス、その他四季折々の様子が描かれていて、挿絵だけでも充分楽しめるお話です。文章は、3歳児にはちょっと難しい書き回しなので、少々砕いて読んであげる事にしました。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1月〜12月までのお話です

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    レオレオニ大好きな親子なので、せっせと読破しています。
    表紙のねずみを見て、娘は嬉しそうに
    「フ、フレデリック〜〜〜!」
    やはり、娘の中でフレデリックの存在は大きいようです。
    (ちなみに昔は「フデレリック」と、、、やっと最近、ちゃんと言えるようになったのです)

    1月からはじまって、最後は12月で終わります。
    四季があって、本当に良かった、、、と実感します。
    ちなみに娘は2月、
    「あつい ここあ(ココア)を のむんだよ」がお気に入りです。

    私は、、、レオレオニらしいメッセージがつまった6月が好きです。
    「ちょうちょになって そらをとびたい さかなになって みずにもぐりたい
    でもぼくはぼく わたしはわたし それがいちばん すばらしい」

    掲載日:2006/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット