ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

モクレンおじさん」 みんなの声

モクレンおじさん 作:田島 征三
写真:酒井 敦
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2005年07月
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
「モクレンおじさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユーモラス

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    モクレンにこんな実がなることを知りませんでした。
    実からできたモクレンおじさん。
    最初はちょっと不気味って思ってしまいましたが、
    森や海でモクモクレンレンと陽気にお散歩する姿が、
    とってもユーモラスで愛らしくなってきました。
    途中えっ!?と悲しくなりますが、最後はまた
    もっと楽しむ姿に嬉しくなりました。
    夏休み、海や山でモクレンおじさん遊びをするのも
    楽しそうです♪

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • モクレンの花は見ているのに 実のことは知りませんでした

    田島さんは伊豆に住んで木の実を集めていろいろ作っているのは知っていましたが、こんなお話しになって おもしろい展開になっているのはすごいな〜

    しかも4年もかけて完成させたのに驚きました!
    酒井 敦さんが情熱のこもったカメラで追っかけて作られたと知り益々感動しました

    モクモク レンレンとあるきだした モクレンおじさん分かれ道で海に行くのかな? 森へ 赤い木の芽の♪ すごく楽しい! モクモク  レンレン  モクれんれん (歌まであるのです)

    やっぱり 海に来た 赤い木の実が こいぬになった
     
    こんな お話しの展開の楽しさ すごくワクワクするんです

    海のいろ 岩の上のモクレンおじさんとこいぬ(さすが 写真家の酒井さんの情熱を感じます!)

    砂の上で モクレンおじさんとこいぬが遊んでいる姿が いいな〜
    あっ!  波にのまれたこいぬ 
    そして おじさんの なみだ レンレンレンレン
     
    すごい  ドラマチック!
    さかなになって泳いでいく   海にうかんで 波の上
    写真が効果的でラストも ロマンがあり このあと さかなになって どんなドラマがあるか お話しが どんどん広がるように思えました

    感動のある絵本でした!
      
    マイブックにしたいです    

    掲載日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はハッピーエンド

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供達に読みました。
    二人とも、このお話が大好きです。
    途中、悲しくなるけれど、最後はハッピーエンド。
    絵本なのに絵でなく写真を眺めるのも、楽しいですね。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • モクレンの実が・・・

    • ススワタリさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    幼稚園で運動会のご褒美にこの絵本をもらいました。
    この絵本の絵はモクレンの実で作られていて、最初は何の絵か分かりにくく、どう楽しんだらいいのかな?と思い、あまり読んであげませんでした。
    子供たちは読まず、ただじ〜っとよく分からない絵を見てました。
    すると、モクレンおじさん笑ってる!って。よく見るとなかなかいい表情をしていました。
    自然のもので作られた独特の表情がありました。見る人によっていろいろに見えるかも。
    他の絵本とはちょっと違った楽しみ方を発見した絵本です。

    掲載日:2008/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 散歩

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    前作『ガオ』と違い、今回は外で、自然とコラボレーションしています。
    地球がキャンパスってとこでしょうか?
    モクレンっていう植物の実が主人公。
    娘は植物で作った楽譜が気に入ったそうです。
    木の実の音符♪を見ながら、歌を歌っていました。
    実がいろんな形になり、表情豊かなんです。
    前作みたいな迫力はありませんが、のんびりとした、
    まるでモクレンおじさんが外へ散歩に行ったような、
    ゆったりとした木の実のパワーを感じて下さい。

    掲載日:2007/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  •  全部おもしろかったね

    読んだ後、息子が「この本は全部おもしろかったね」と言いました。子どもにそう言わせる本ってあまり出会えませんよね。モクレンの実が集まっておじさんになって、「モクモク レンレン」と動いているのですが、それが何とも言えないおかしみがあります。ページごとにおじさんの動作が変っていくのも楽しいです。

    モクレンの花は見かけますが、モクレンの実はあまり見かけたことのない木の実で不思議な形をしています。その不思議な実を集めているので、お話もなんだか不思議。木の実を集めたらこんな不思議な本ができるのかな?一度木の実を集めて何かを作ってみたくなりました。

    掲載日:2007/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • モクレンの実?

    • ぽぽろんさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    写真の絵本で、あまり馴染みのないモクレンの実が寄せ集まっておじさんの形になっているのが珍しくて興味をそそります。
    「モクモクモク♪」「レンレンレン♪」と軽快に動き回っていて、モクレンおじさんのポーズや表情がとても滑稽です。
    作っている過程をぜひ見てみたいなあなんて思います。

    掲載日:2006/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木の実のおじさんだけど楽しそう

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    「こどものとも」592号です。次男が幼稚園でもらってきました。
    木蓮の実でできたモクレンおじさんの冒険の物語で、実際に実で作ったモクレンおじさんを写真で写した絵本です。
    モクレンおじさんが途中で出会うこいぬは赤い木の実で出来ていて、元々はモクレンおじさんの歌の音符だったのが、変身しました。そして最後は二人とも、また違うものに変身します。
    木の実を並べ替えることによって、動きのあるおじさんとこいぬの姿が出来上がり、普通の絵とは違った不思議な雰囲気を醸しだしています。モクレンおじさんには、目も口もないのに、なんとなく楽しそうとか悲しそうとか伝わってくるのが面白いですね。
    次男がお気に入りでよく読んでと持ってきます。身近な材料で面白いものができるので、見ていて楽しいようです。
    「モクレンおじさんのうた」の楽譜も最後のページに乗っていて、チャレンジしてみる価値あるかもしれません。

    掲載日:2006/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット