十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

のうさぎのフルー」 みんなの声

のうさぎのフルー 作:フォシェ・リダ
絵:フェオードル・ロジャンコフスキー
訳:大村 百合子 石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,359+税
発行日:1977年10月
ISBN:9784834007015
評価スコア 4
評価ランキング 22,560
みんなの声 総数 1
「のうさぎのフルー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1977年初版でリダ・フォシュはチェコプラハ生まれ
    訳者 石井桃子・大村百合子の本です
    絵・フェドール・ロジャンコフスキー
    のうさぎのフルーはひとりぼっち お父さんはきつねに食べられ、いもうとはふくろうにさらわれ、おかあさんは はじめはお乳を飲ませてくれましたが いなくなってしまったのです
     
    のうさぎは 神様から3つのおくりものをもらって生まれてくる
    かくれみの  まほうのみみ  七里ぐつ

    はじまりを読んでいるだけですごく興味深いお話しです!

    どんどん読み進めていくのです

    そこから ドラマがはじまるのです  のうさぎはいろんな体験をするのです
    お話しのすばらしさは この本を読んでみたら分かりますよ

    フリーはキャプシーヌというのうさぎの彼女とであい 恋に落ちるのですが   そこにもドラマが、すぐには ハッピーエンドにはならないところが ドラマなんです
    だから 読者は 興味深く読むことができると思いました

    挿絵もきれいで宇宙を感じる絵もあって  フリーの歩んだ道の地図が空から見つめて描かれているのも うまいな〜と思いました
    さあ ラストは?
    フリーの恋がハッピーでありますように そんな願いをもちながら読みました
    長いお話しですが ステキでした
    どちらかと言えば 女の子むきかな?
    読んでみてください!

    掲載日:2013/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット