だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ばしゃにのって」 みんなの声

ばしゃにのって 作:とよた かずひこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月01日
ISBN:9784752006336
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,337
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • にゃんぽんッ

    職場で5歳児クラスが読んでもらっていました。
    テレビで見たと、馬車もご存知で、たぶん知らない子もいたかと思いますが、
    「にゃんぽんッ」
    ちょっと変な声で読んだら大ウケ!
    次になにが降りるのか当てっこしながら、もう熱気ムンムンでした。
    カメにはブーイングと笑いが。納得の声もありました。

    しかしこのシリーズ、どこまでいくの。作者ももうネタ切れでしょう。
    と思うのに、次が出るこのヤラレタ感。スバラシイ。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • にゃんぽん

    子供は馬車って知らないんじゃ・・・・。
    しかも馬車なのにピンポン??

    でも子供はそんなの関係なし!!
    ねこまち??にゃんぽん??で猫が出てくると大喜び。
    犬も同様に大喜び。

    子供には大ヒットでしばらく読みました。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馬車って、わかるかな・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    「ももんちゃん」を卒業して、
    「うららちゃん」デビューを果たしました。

    「馬車」っていっても、
    どんな乗り物のことか、分からないだろうなぁ。
    と思いながらよんでいると

    あれあれ不思議。
    誰も乗ってなかったっぽい荷馬車から、
    どんどん、乗客が降りていきます。

    ワラの中にかくれていたのか?

    最後に降りた、運転手兼乗客のうららちゃん。
    どうしても、ももんちゃんと重なってしまいますね。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馬車にのる。

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    女の子が走らせる馬車から
    次々とだれかが降りていく話。
    可愛くゆるい絵本で読みやすいです。

    馴染みの薄い馬車なのですが
    干し草から次々出てくる意外な乗車客にびっくり。
    ぱかぱかのんびり読むのも面白いです。

    図書館で手に取ったので
    家で「うららちゃんののりものえほん」という文字を見て
    シリーズと気づきました。
    もっと王道ののりもの編もあるようなので
    機会があれば読んでみたいと思います。

    掲載日:2014/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親しみがない乗り物だからかな

    とよたかずひこさんの乗り物絵本。
    これまで何冊も読んでいます。
    今回のテーマは「馬車」。娘は乗ったこともなければ、見たこともほぼありません(旅先で一度見ただけです)。
    そのせいか、いまいちよくわかっていないようで、他のテーマの時に比べると食いつきはいまいちでした。
    同じシリーズでもこんなに反応が違うのだなぁと勉強になりました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどん出てきます

    このお話は、バスの代わりに馬車で人や動物たちを運ぶ女の子のお話でした。馬車の二台にはわらがいっぱいにのっていてどこにお客さんが載っているのかと思ったら、わらの中から次々とお客さんが出てくるお話がうちの子はとっても気に入っていました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワンポーン

    2歳の息子に借りてきましたが、
    1歳くらいのお子様向けかなと思います。

    とよたさんの絵本大好きです。

    今回も可愛くて面白くてタコさんのところで
    笑ってしまいました。

    ワンポーンやニュンポーンというと
    息子は大笑いです。

    最後は、え?馬車に馬も乗ってたんだ〜と
    オチまでついてきますよ。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひひひーん

    音の表現がとってもユニークで面白いです。
    3歳ちょっと前に読んだので、ちょっと遅かったかなと思いましたが、
    それなりに楽しめました。2歳ぐらいがちょうどいいかな。
    とよたさんの絵は、とってもほのぼのとしていて、優しい感じが好きです。

    掲載日:2014/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん絵本を卒業した子に

    ワンポーン!
    ニャンポーン!

    馬車の後ろに乗っているお客さんたちが、
    次々と「ピンポン」ならぬ「○○ポン」をして、降りて来ます!


    けれども たこさんは、降りるはずの「たこまち」に近づいても・・・
    ・・・あれれ?大丈夫かな?!


    愛嬌たっぷりのイラストが、心を和ませてくれます。

    シンプルなストーリーですが、それがかえって心地良い。
    きっと小さな子は、
    「同じような文章の繰り返し」「でも何かが少しずつ変わる」
    ところに、面白さを感じるのではないでしょうか。

    赤ちゃん絵本を卒業した子に、是非プレゼントしたいです。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馬車ですか!?

    とよたさんの絵本が好きなので、「うららちゃん」シリーズも読んでいました。
    前3作品では、三輪車だったり電車だったり、わりと身近な乗り物だったと思うのですが、今回は馬車ですか!?
    バスの要素もミックスされていて面白さのポイントなのでしょうが、かえって混乱しそうかも?

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / チリとチリリ / だるまさんが / ケーキになあれ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット