ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ハンバーグつくろうよ」 みんなの声

ハンバーグつくろうよ 作:角野 栄子
絵:佐々木 洋子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1979年07月
ISBN:9784591010686
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 角野栄子さんの「ちいさなおばけシリーズ」は,親の私が子供の頃からある児童書なので,とても懐かしく嬉しいです!
    我が家の5歳幼稚園年中さんの娘には,こちら「ハンバーグをつくろうよ」がこのシリーズではじめて読み聞かせたものでした。
    アッチが歌いながらハンバーグを作る場面が多きので,読み聞かせの際は歌をどんなふうに歌うかにかかっているかも(笑)。
    アッチとボンがえっちゃんのことをすごく好きなのが伝わってくる愛らしいお話でした!
    このシリーズ,娘もとても気に入ったようなので,たくさん読んであげたいと思っています☆

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハンバーグ対決!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    ハンバーグ対決をするおばけのアッチとのらねこのボン。
    2匹とも大好きなエッちゃんのために作るのだから仲良くすればいいのにね。もてもてエッちゃんです(笑)。
    アッチはたくさんのお料理ができるんですね。できは…おばけらしいできらしいけど。
    でも今回のエッちゃんのためのハンバーグはおいしそうですよ!やっぱり料理は愛情なのかな。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な人にごはんを作ること

    ポプラ社の小さな童話、小さなおばけシリーズです。
    『スバゲッティがたべたいよう』に続けて読んでみました。
    おばけのアッチと、のらねこのボンが、エッちゃんのおたんじょうびに
    ハンバーグを作ります。
    ふたりとも、大好きなエッちゃんのために一生懸命作るのです。
    大好きな人のためにごはんを作ること、それを「おいしい」って
    言ってもらうことは、とってもうれしいことですよね。
    娘も、自分でごはんを作ると、それが「おいしいかどうか」
    「おいしいと言ってもらえるかどうか」いつも気にしていますので
    アッチとボンの気持ちはよくわかったようです。
    エッちゃんもしあわせだろうなあって思いました。
    スパゲッティ・・の時は、スパゲッティを作ったのですが
    今度はハンバーグを作ろうかなと思っています。
    おさかなのかたちにはできないだろうけれど。

    掲載日:2013/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット